認知症介護と障がい者支援2019年06月

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

2019年05月 | 2019年06月の記事一覧 | 2019年07月
098_convert_20130804115125_201308041154413da.jpg

精神保健福祉士の活動の歴史

精神保健福祉士の活動の歴史
・1973(昭和48)年の日本精神医学ソーシャルワーカー協会第9回全国大会においてY氏とY氏の母親から「精神科ソーシャルワーカーの加害性」の問題提起がなされた
・このY問題に対応するため調査委員会が設置され、1980(昭和55)年には「提案委員会」が設立され、1982(昭和57)年の全国大会で「札幌宣言」が採択された
「札幌宣言」において、日本精神医学ソーシャルワーカー協会は精神科ソーシャルワーカーの役割が、精神障害者の「社会復帰と福祉のための専門的・社会的活動」を進めることであることを基本指針として明文化した
・1997(平成9)年、精神障害者が社会復帰を果たすために、保健及び福祉に関する専門的知識・技術を用いて、さまざまな生活問題の解決を行う専門職について定めた精神保健福祉士法が制定された
・2010(平成22)年12月、精神保健福祉士法の一部が改正された。その内容は、
1)定義規定の見直しとして地域相談支援の利用に関する相談に応じることを新たな業務とすることの明確化
2)教育カリキュラム等について文部科学省と厚生労働省による共管化
3)利用者の立場にたった誠実な業務の義務
4)保健医療、福祉、地域相談支援に関するサービス提供者との総合的な連携
5)相談支援に関する資質の向上
・上記は2012(平成24)年4月より施行された

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.17 05:00 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
100_convert_20130801053354.jpg

精神保健福祉士の活動の歴史

精神保健福祉士の活動の歴史
・我が国における精神科ソーシャルワーカーの活動は、1948(昭和23)年に国立国府台病院において社会事業婦という名称で配置したのが始まりで、精神科医、臨床心理学者とともに臨床チームを構成した
・1950年代から精神科病院において徐々に精神科ソーシャルワーカーが採用されるようになった
・1963(昭和38)年に76名の精神科ソーシャルワーカーによって精神病院ソーシャルワーク連絡協議会が発足し、翌年11月には日本精神医学ソーシャルワーカー協会の設立総会が開催された
・日本精神医学ソーシャルワーカー協会の設立趣意書には、「精神医学ソーシャルワークは学問の体系を社会福祉学に置き医療チームの一員として精神障害者に対する医学的診断と治療に協力し、その予防及び社会復帰家庭に寄与する」と記されていた
・1973(昭和48)年の日本精神医学ソーシャルワーカー協会第9回全国大会においてY氏とY氏の母親から「精神科ソーシャルワーカーの加害性」の問題提起がなされた
・このY問題に対応するため調査委員会が設置され、1980(昭和55)年には「提案委員会」が設立され、1982(昭和57)年の全国大会で「札幌宣言」が採択された

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.16 05:00 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
015_convert_20130630091739.jpg

代表的な実践モデル

グループワークのモデル
社会諸目的モデル
・コノプカが提唱した
・社会的責任が担える市民を育てることを目標に、グループを通じて良識ある市民に必要な行動様式や社会的規範を身につけさせることをねらいとしている
・伝統的なグループワークの実践モデル
治療モデル
・ウィンターやトレッカーが提唱した
・具体的な課題をもつ個人を対象としてグループがつくられ、援助者による積極的な援助を通じて、グループ内の相互作用を意図的に利用することで、メンバー個人の治療や変革を目指すもの
・援助者は、変化を起こさせる人としての役割を担う
相互作用モデル
・シュワルツやコイルが提唱した
・メンバーの相互作用を活性化させることで、グループ内で互いに支え合いながら問題に取り組んでいく、相互援助システムを構築することを目的としている
・援助者は波長合わせを行い、媒介する人、可能ならしめる人としての役割を担う
生態学システムモデル
・シュルマンが提唱した
・個人と社会環境の双方の相互作用により、個人はもとよりグループ、コミュニティの社会的機能の向上、改善を促進するもの
グループダイナミクス理論
・レヴィンが提唱した
・個人の行動変容について、グループ内に発生する心理的動性を把握し活用することの効果を実証した
ストレングスモデル
・クライエントの弱点に焦点をあてる従来の援助観に対し、クライエントの強さや健康な部分に焦点をあてて、それを伸ばしていこうとする援助観
・エンパワメントと連動するもの

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.15 07:33 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
028_convert_20130630091918.jpg

代表的な実践モデル

ナラティブモデル
・社会構築主義の視点を心理療法やソーシャルワークに応用したもの
・過去の問題を掘り起こすのではなく、当事者自身が語る物語(ナラティブ)そのものに意味を見出す
・援助者は当事者とともに、物語の中から現状の問題を見つけ、物語を通して自己と取り巻く社会の変容をも視野に入れる援助感
グループワーク
・集団に焦点をあて、問題解決のための目的を設定し、援助者がメンバーの相互作用を活用することで、メンバー個人の社会生活能力を回復、強化し、社会生活上の問題解決や成長を図るもの
・メンバーの集団行動そのものではなく、援助者がグループの力動を用いて援助する直接援助技術である
社会諸目的モデル
・コノプカが提唱した
・社会的責任が担える市民を育てることを目標に、グループを通じて良識ある市民に必要な行動様式や社会的規範を身につけさせることをねらいとしている
・伝統的なグループワークの実践モデル
治療モデル
・ウィンターやトレッカーが提唱した
・具体的な課題をもつ個人を対象としてグループがつくられ、援助者による積極的な援助を通じて、グループ内の相互作用を意図的に利用することで、メンバー個人の治療や変革を目指すもの
・援助者は、変化を起こさせる人としての役割を担う

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.14 06:38 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
013_convert_20130630091633.jpg

代表的な実践モデル

代表的な実践モデル
・精神保健福祉士は精神障害者を病者としてのみとらえるのではなく、社会の生活者としてとらえ、生活全体の一部として保健や医療を位置づけ、支援することが求められる
・医学モデルが主流の医療機関内でも、福祉職として生活モデルの視点で対象者とかかわり、医療という枠内で両方のモデルを統合していく役割も必要とされる
課題中心モデル
・ライドやエプシュタインによって提案され、パールマンの問題解決モデルの流れをくみながら、短期処遇の方法として登場した
・その基礎には、一般システム理論やや役割理論、学習理論などが活用されている
行動修正モデル(行動変容アプローチ、行動変容モデル)
・学習理論をケースワーク理論に導入したもの
・条件反射の消去あるいは強化によって特定の症状の解決を図るもの
・利用者の問題に焦点をおき変化すべき行動を観察することによって、問題行動を修正しようとする考えをいう
システム理論
・ソーシャルワークを支える理論のひとつ
・システムは諸要素のまとまりという意味を持つ
・全体は諸要素から成り立ち、その個々の要素は全体と無関係のものではなく、相互に作用し合って、全体を構成しているという考え方をいう

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.13 05:00 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
031_convert_20130701151433.jpg

精神科デイケア

精神科デイケア
・1916年頃、イギリスのロンドンでビエラが、カナダのモントリオールでキャメロンが、それぞれ別に始めたと言われている
・日本では、1958年に国立精神衛生研究所で試験的に実施されたのが最初と言われている
・精神障害者のデイケアの位置づけを考えた場合、グループワークとしての機能に加え、生活をする場、人とかかわる場、何かをする場として位置づけることができ、また定期的なデイケアの参加が適度な生活リズムを維持する助けとなる
・医療機関における精神科デイケアは、精神障害の回復期にそのリハビリテーションンや再発予防を目的として、グループ活動を行うものである
医療機関におけるデイケア
・精神科ショートケア:3時間
・精神科デイケア:6時間
・精神科ナイトケア:4時間 ※開始時間は午後4時以降
・精神科デイナイトケア:10時間
小規模な精神科デイケア
・1日の患者数は30人を限度とする
・精神科医師及び専従する2人の従事者(作業療法士、精神保健福祉士または臨床心理技術者のいずれ1人、看護師)の3人
大規模な精神科デイケア
・1日の患者数は50人を限度とする
・精神科医師及び専従する3人の従事者(作業療法士または精神科ショートケア、精神科デイケアの経験を有する看護師のいずれか1人、精神保健福祉士または臨床心理技術者のいずれ1人、看護師)の4人

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.12 07:51 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
040_convert_20130701151514.jpg

リハビリテーション評価

SFS
・社会機能評価尺度とも呼ばれる生活技能評価尺度
・社会参加、対人交流、余暇活動、就労、自立などの社会的遂行能力を評価するもの
職業レディネス・テスト
・一時性の職業能力評価尺度
・職業に対する興味と職務遂行の自信度を39項目についてチェックするもの
・VPI職業興味検査は、160の職業名についての興味や関心の有無を回答するようになっている
ワークサンプル法
・経過性の職業能力尺度
・実務に用いる材料や道具等で構成した作業標本(ワークサンプル)を評価用具として、作業成績を量的あるいは質的にとらえ、作業遂行時の行動特性を観察して評価するもの
ワークパーソナリティ障害評価表
・役割の認知と受容、対人関係、指導・指示への反応、作業遂行能力の4つの概念から構成した15項目を評価するもの
WHO/QOL
・世界保健機構(WHO)が1997年に開発したQOLスケールで、一般を対象とし過去2週間における身体的機能、心理的機能、環境や利便性、対人交流や自立レベルなどを5段階で評価するもの
QOL評価尺度
・自身の生活の質に対する認識を明らかにする主観的QOL尺度と、対象者のおかれている環境や生活状況を対象者の立場に立って客観的に評価する客観的QOL尺度とがある

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.11 05:00 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
033_convert_20130701150827.jpg

リハビリテーション評価

REHAB
・イギリスのホールとベーカーによって開発された精神科リハビリテーション評価尺度
・パート1は、失禁、暴力、自傷、独語、空笑など7項目の逸脱行動を評価する
・パート2は、病棟内の交流、病棟外での交流、言葉の量、身支度、金銭管理など16項目の全般的行動を評価する
DAS
・世界保健機構(WHO)が1988年に開発した社会生活評価尺度で、1991年に国立精神・神経センターのグループによって「精神医学的能力障害評価面接基準」として訳出されたもの
・全般的な行動、社会的な役割の遂行、性的関係、社会的接触、職業上の役割などの10項目について、それぞれ「能力障害なし」から「最高度の能力障害」までの6段階で評価するもの
LASMI
・障害者労働医療研究会精神障害部会が1993年に開発した社会生活評価尺度
・入院から社会的自立までの生活場面で、「日常生活」「対人関係」「労働または課題の遂行」「持続性・安定性」「自己認識」の分類でトータル40項目について、「問題なし」(0点)から「大変問題である」(4点)までの5段階で評価するもの
LSP
・ローゼンらによって1989年に開発された生活技能評価尺度
・自立生活技能、対人関係、責任などの領域からなる39項目によって評価するもの

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.10 07:53 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
035_convert_20130706082328.jpg

リハビリテーション評価

リハビリテーション評価
・評価の方法には、行動観察、面接、チェックリスト(評価尺度)などがあり、これらの方法を併用するのがよいとされる
・評価尺度には、精神症状評価尺度、社会生活評価尺度、生活技能評価尺度、職業能力評価尺度、主観的QOL評価尺度などがある
GAF
・機能の全体的評定尺度
・精神症状を含めた社会生活の全体機能を示す尺度
・過去1ヶ月の状態で、「症状を認めず社会的機能面で優秀な状態」を100点とし、「自傷他害の危険」や「最低限の身辺清潔が維持できない」あるいは「自殺の可能性がある状態」を1点として10点刻みに評価する
BRPS
・簡易精神症状評価尺度
・評価面接時における陳述や行動をもとに評価する
・感情的引きこもり、思考解体、衒奇(げんき)的行動、誇大性、敵意、猜疑(さいぎ)心、幻覚、非協調性、思考内容の異常などの症状を扱う
PANSS
・陽性陰性症状評価尺度
・過去1週間について、統合失調症の症状に関し、陽性症状(7項目)、陰性症状(7項目)、総合精神病理(16項目)を7段階で評価する
HSR-D、HAM-D
・ハミルトンうつ病評価尺度
・面接での陳述、観察に基づいて、うつ病の症状のプロフィールと総合的重症度を示す尺度
・主要17項目を評価するものと、4項目を加えた21項目を評価するものである

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.09 06:55 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
016_convert_20130714222041.jpg

精神科リハビリテーションにかかわる専門職との連携

チームアプローチ
・精神科リハビリテーションでは、複数の援助者が同時あるいは継続的に連携し、チームで援助を展開する特徴がある(チームアプローチ)
・チームアプローチは、共有する目標のもとに複数の人の知恵と力を結集する総合的な布陣であり、問題解決の手法である
精神科リハビリテーションにかかわる専門職等
・医師、看護師、保健師、作業療法士、理学療法士、管理栄養士、栄養士、薬剤師、臨床心理技術者、障害者職業カウンセラー、ホームヘルパ-、介護支援専門員など同職種というよるも多職種で構成されることが多い
・家族やボランティアなどのインフォーマルな人的資源も加わることもある
・チームメンバーが、利用者や地域社会に関する共通理解を得て、情報、アセスメント、援助方針、支援介入、モニタリング、エバリュエーションを共有する場がケアカンファレンスである
・ケアカンファレンスでは、メンバーが共有した方針に基づき、それぞれの専門領域における役割を明確にする
精神保健福祉士の役割
・精神科リハビリテーションにおける精神保健福祉士の役割は、精神障害のある人の人権の擁護と社会的機能を回復するための個人と社会への働きかけである


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.08 05:00 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
015_convert_20130715094732.jpg

精神科リハビリテーションの対象

精神科リハビリテーションの対象
・重度の精神障害を抱える者
・精神疾患のために一定の機能(家族や友人との会話や交流など)や役割(修学や就労など)を果たす能力が限定されている者
・機能障害、能力障害、社会的不利という、従来の障害を中心としたものから、身体・個人・社会の肯定的部分の活用と強化も重視し、それらと環境的要因との力動関係の中でとらえようとするものに変化している
世界心理社会的リハビリテーション学会(WARP)の定めるベスト・プラクティス設定における最低限の特徴
1)重度の精神障害のある人たちを対象にしている活動であること
2)生活能力の改善を目指している活動であること。改善とは、年齢、文化的背景、そして個人の関心に添って、住まい、職場や学校で身体的、精神的、知的生活能力が増進するように援助していること
3)パートナーシップを発展させ、市民としての権利を与える活動であること。自然に存在する援助を最大限に活用し、精神病患者としてではなく、一市民として生活できるように援助していること
4)他のサービス、社会資源、援助のネットワークに統合されている活動であること
5)医療が利用しやすい活動であること

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.07 05:00 | 精神科リハビリテーション | トラックバック(-) | コメント(0) |
105_convert_20130622204440.jpg

相談援助の理念

クラブハウス・モデル
・1948年に最初のクラブハウスがアメリカに創設され、精神障害者の包括的地域リハビリテーションで、自助と相互支援の当事者型活動を特徴とする
社会資源
・ソーシャルニーズを充足するために活用される人材、資金、情報、施設、制度、ノウハウなどをいう
・フォーマルな資源とインフォーマルな資源とに分類することができる
社会資源の活用・開発
・ソーシャルワーカーは、さまざまな社会資源とクライエントをつなぐ仲介役を果たす
・社会資源の開発には、既存資源の修正(再資源化)と新規資源の立ち上げの二つの方法がある
ソーシャルアクション
・社会福祉の制度、サービスの創設・改善・維持を目指して、議会・行政機関や企業・民間団体に対して行われる社会的活動のこと
1)住民組織型:住民の身近な生活問題への対応
2)当事者組織型:福祉問題を共有する人たちの組織化や権利要求の行動
ソーシャルワークリサーチ
・さまざまな福祉課題の解決を導くために、関連するデータを収集・分析し、実証的な解明を図る技術
ソーシャルプランニング
・社会を構成する諸要素の変動によって多様化する社会福祉ニーズに対して、社会資源の確保などの課題を明確にして、社会計画をあらかじめ立てることでその変動に対応しようとする技術
ソーシャルアドミニストレーション
・福祉施設、医療機関などの組織運営・管理を、ソーシャルワークの観点から実践する技術

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

2019.06.06 07:37 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
106_convert_20130624071654.jpg

相談援助の理念

ピアサポート
・同じような体験をした人が、対等な関係で仲間を支え合うこと
・ピアカウンセリング、ピアヘルパー、ピア・スーパービジョンなどがある
ヘルパーセラピー原則
・援助する人が援助される人よりもっと多くのものを得るという考え方
ファシリテーター
・グループなどで何かが起こるのを助け、促進する役割をもった人を指す
・会議やミーティングなどにおいて、議論をスムーズに調整しながら合意形成や相互理解に向けて調整する
メディエーター
・意見の食い違いなどが起こった場合、双方の意見を聞いて問題解決に導く仲介の役割をもった人
ナチュラルサポート
・障害のある人が働いている職場の従業員が、職場内において、障害のある人が働き続けるために必要なさまざまな援助を自然、もしくは計画的に提供すること
元気回復行動プラン(WRAP)
・当事者自身が自らの力で、生活や健康を管理することを目的とした、精神障害者当事者のセルフケアプログラムで、日常生活管理プログラム、注意サインに対処するプランなど、6つのプログラムで構成される
アファーマティブアクション(差別改善措置)
・被差別や格差の問題を抱えた弱者集団に対し、所属する環境におけるルールの改正や優遇措置の導入などにより、そのハンディキャップを是正するための積極的な行動をいう

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.05 05:00 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
109_convert_20130624071749.jpg

相談援助の理念

インフォームド・コンセント
・治療や手術、検査などを受ける際、前もって、その内容や期待される効果、起こり得る危険性などについて、医師から十分に説明を受けたうえで患者が与える同意のこと
アカウンタビリティ
・説明責任のこと
・相談援助活動において、援助における判断や介入の根拠、援助の効果やそのための費用についての情報の開示や説明を、関係者や社会に対して行うことが重要
ソーシャル・サポート・ネットワーク
・フォーマルサポートとインフォーマルサポートを有機的に結合して包括的に支援を行う
ソーシャルキャピタル(社会関係資本)
・人々の協調行動を活発にすることによって、社会の効率性を高めることのできる信頼、規範、ネットワークといった社会組織の特徴
ソーシャルポリシー(社会政策)
・労働政策や福祉政策のことを指し、行政責任のもと、策定・実施される
ソーシャルファーム
・ヨーロッパや韓国で発展している障害者の雇用形態で、障害者あるいは労働市場で不利な立場にある人々のために、仕事を生み出し、また支援付き雇用の機会を提供することに焦点をおいたビジネス
アウトリーチ
・相談援助機関に持ち込まれる相談を待つのではなく、地域社会に出向き、相談援助を展開していくこと

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.04 05:00 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
110_convert_20130626045547.jpg

相談援助の理念

エンパワメント
・エンパワメントの考え方は、クライエント自ら力を回復し、自分たちを取り巻く問題状況を解決していけるようにしようというもの
・心理、社会、身体の障害のために、自ら問題を解決する能力を阻害されている状態から、再び自らの問題解決能力を取り戻していくこと、また引き出していくこと
ストレングス
・その人に備わっている特性、技能、才能、能力、環境、関心など個人、グループ、地域社会の潜在的な力
・エンパワメント実践を行っていくための土台とみなされ、すべての人々や地域社会がもつ潜在能力に近い概念
リカバリー
・病気や障害によって失ったものを回復する過程であり、人生の新しい意味と目的を作り出すこと
・疾患や障害を通じて、その人の態度、価値観、感情、目的、技量、役割を建設的に変容していく
・リカバリーの概念は、1980年代後半からアメリカの精神保健領域を中心に用いられるようになり、日本の精神保健福祉領域では、1998年頃から広がりつつある
レジリエンス
・病気やストレスなどからの回復力・復元力のことで、このような力が個々の人に備わっているとされ、リカバリーの土台とも言われている
・レジリエンスが十分働いているときは病気になりにくい

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.03 05:00 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
115_convert_20130626045657.jpg

相談援助の理念

ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)
・共生社会、排除しない社会を目指す考え方
・社会的にも孤立・疎外・排除された人々を、社会の構成員として包み込み、誰もがともに生きる社会の創造を目指す
・ソーシャルワーク専門職のグローバル定義では、「ソーシャルワーク専門職は、社会的包摂と社会的結束を促進すべく努力する」としている
ノーマライゼーション
・障害を特別視するのではなく、一般社会のなかで普通の生活が送れるような条件を整えるべきであり、共に生きる社会こそノーマルな社会であるとの考え方を指している
バンク・ミケルセン
・1950年代、デンマークで知的障害のある人たちの親の会の活動を通じて具現化された
・1959年、デンマークの1959法にノーマライゼーションの思想が導入された
ニイリエ
・スウェーデンのニイリエは、アメリカの知的障害のある人たちの施設を訪問し、人として扱われていない状況を報告した
8つの原理
・ニイリエは、知的障害者がノーマルな生活をするために、
1)1日のノーマルなリズム
2)1週間のノーマルなリズム
3)1年間のノーマルなリズム
4)ライフサイクルでのノーマルなリズム
5)ノーマルな要求の尊重
6)異性との生活
7)ノーマルな経済的基準
8)ノーマルな環境基準
ヴォリフェンスベルガー
・ノーマライゼーションの理念をアメリカに導入し、ソーシャル・ヴァロリゼーションとしてのノーマライゼーションの概念を再構築した

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2019.06.02 07:14 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |
012_convert_20130615211317.jpg

相談援助の理念

アドボカシー(権利擁護)
・ソーシャルワーカーが、クライエントの生活と権利を擁護するため、援助過程において積極的に弁護活動(代弁)を展開する方法
分類
1)ケースアドボカシー
・個人または家族の権利を擁護する
2)クラスアドボカシー
・同じ課題を抱えた特定の集団の代弁や制度の改善・開発を目指す
3)セルフアドボカシー
・自分自身で権利を主張したり、ニーズ実現のための自己決定等を行う
4)シチズンアドボカシー
・同じ地域で暮らす市民が、権利の抑圧を受けている他の市民の権利獲得やニーズ実現のために援助する
5)リーガルアドボカシー
・弁護士や法的な訓練を受けた人が、法律を利用して権利獲得やニーズ実現を行う
機能
1)調整機能
・利用者とサービス提供者の間で個別に行われるケースアドボカシーのこと
2)介入機能
・クライエントが地域福祉政策を活用できるように介入すること
3)変革機能
・解決困難な課題に対して、変革主体者・弁護的変革者としての役割を果たすこと
4)発見機能
・当事者の置かれている環境や状況に関する問題発見、問題提起をすること
5)対決機能
・制度や組織の厚い壁に対して、専門職としての中立性は保ちながらも当事者の利益のために代弁すること
6)ネットワーキング機能
・地域に散在する社会資源の組み合わせや相互の繋がりを活用すること

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓


2019.06.01 05:00 | ソーシャルワーク | トラックバック(-) | コメント(0) |