認知症介護と障がい者支援2021年04月

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

2021年03月 | 2021年04月の記事一覧 | 2021年05月
IMG_0177_convert_20140904194555.jpg

医薬品

不良医薬品
・日本薬局方に収められている医薬品であって、その性状、品質が日本薬局方で定める基準に適合しないもの
・承認を受けた医薬品であって、その成分・分量または性状・品質・性能がその承認の内容と異なるもの
・厚生労働大臣が基準を定めて指定した医薬品であって、その成分・分量または性状・品質・性能がその基準に適合しないもの
・個別の基準が定められた医薬品であって、その基準に適合しないもの
・その全部または一部が不潔な物質または変質・変敗した物質からなっている医薬品
※変敗:通常、炭水化物や油脂成分が変質し、有害なものになること
・異物が混入し、または付着しているもの
・病原微生物その他疾病の原因となるものにより汚染され、または汚染されている恐れがあるもの
・着色のみを目的として、抗背労働省令で定めるタール色素以外のタール色素が使用されているのもの
また、医薬品は、
1)有毒・有害な物質とともに収められてはいけない
2)有毒・有害な容器や被包に収められてはいけない
3)使用方法を誤らせやすい容器や被包であってはいけない
と定められている
※これらの規定は、製造企業のみならず、薬局および医薬品の販売業においても適用される

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.12 05:01 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
IMG_0175_convert_20140904194517.jpg

医薬品

医薬品の定義
1)日本薬局方に収められている物
2)人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具等でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く)
3)人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く)
医薬品の定義についての補足
※日本薬局方
・日本薬局方(日局)とは、医薬品の性状および品質の適正を図るため、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会に意見を聴いて、保健医療上重要な医薬品について、必要な規格・基準および標準的試験法等を定めたもの
・日局に収蔵されている医薬品の中には、一般用医薬品として販売されているものも少なくない
※疾病の診断、治療または予防に使用される物
・社会通念上、医薬品とされる物の多くが該当する
・これには、検査薬や殺虫剤、器具用消毒薬のように、人の身体に直接使用されない医薬品も含まれる
※身体の構造または機能に影響を及ぼす物
・身体の構造または機能に影響を及ぼすことが目的とされている物のうち、機械器具などのもの
・必要な承認などを受けていないにもかかわらず、身体の機能に影響を及ぼすものに「やせ薬」などと標榜した場合は、無承認無許可医薬品として取締の対象となる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.11 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
DSC_0969_convert_20140919204211.jpg

生薬製剤

代表的な生薬成分
27)ショウマ
【基原】
・キンボウケ科のサラシナショウマ、フブキショウマ、コライショウマまたはオオミツバショウマの根茎
【作用】
・発汗、解熱、解毒、消炎
28)セイヨウトチノミ
【基原】
・トチノキ科のセイヨウトチノキ(マロニエ)の種子(セイヨウトチノキ種子)
【作用】
・血行促進、抗炎症
29)トウキ
【基原】
・セリ科のトウキまたはホッカイトウキの根を通例、湯通ししたもの
【作用】
・血行そ改善し、血色不良や冷えの緩和、強壮、鎮静、鎮痛
30)ニンジン
【基原】
・ウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根またはこれを軽く湯通ししたもの
【作用】
・神経系の興奮や副腎皮質の機能亢進などの作用により、外界からのストレス刺激に対する抵抗力や新陳代謝を高める
・滋養強壮
【補足】
・オタネニンジンの根を蒸したものを基原とする生薬をコウジンという場合もある
31)ヒノキチオール
【基原】
・ヒノキ科のタイワンヒノキ、ヒバなどから得られた精油成分
【作用】
・抗菌・殺菌消毒、血行促進、抗炎症
32)ボウフウ
【基原】
・セリ科のボウフウの根および根茎
【作用】
・発汗、解熱、鎮痛、鎮痙
33)ボタンピ
【基原】
・ボタン科のボタンの根皮
【作用】
・鎮痛鎮痙、鎮静
【補足】
・内臓の痛みにも用いられる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.10 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
DSC_0965_convert_20140919204050.jpg

生薬製剤

代表的な生薬成分
18)オウレン
【基原】
・キンボウゲ科のオウレン、コプティス・キネンシス、コプティス・デルトイデアまたはコプティス・テータの根をほとんど除いた根茎
【作用】
・苦味による健胃、止瀉、収斂、抗菌、抗炎症
【注意】
・ベルベリンを含む
19)カゴソウ
【基原】
・シソ科のウツボグサの花穂
【作用】
・利尿
20)カッコン
【基原】
・マメ科のクズの周皮を除いた根
【作用】
・解熱、鎮痙
21)キョウニン
【基原】
・バラ科のホンアンズ、アンズなどの種子
【作用】
・体内で分解されて生じた代謝物の一部により、延髄の呼吸中枢、咳嗽(がいそう)中枢の鎮静
22)サンキライ
【基原】
・ユリ科のケナシサルトリイバラの塊茎
【作用】
・利尿
【補足】
・日本薬局方収蔵のサンキライは、煎薬として尿量減少に用いられる
23)サンシン
【基原】
・アカネ科のクチナシの果実
【作用】
・抗炎症、血行促進
24)サンソウニン
【基原】
・クロウメモドキ科のサネブトナツメの種子
【作用】
・神経の興奮や緊張の緩和(鎮静作用)
25)シコン
【基原】
・ムラサキ科のムrサキの根
【作用】
・組織修復促進、新陳代謝促進、抗菌、抗炎症
26)シャクヤク
【基原】
・ボタン科のシャクヤクの根
【作用】
・鎮痛鎮痙、鎮静
【補足】
・内臓の痛みにも用いられる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.09 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
IMG_0210_convert_20140925143704.jpg

生薬製剤

代表的な生薬成分
12)ヒマシ油
【基原】
・トウダイグサ科のトウゴマの種子(ヒマシ)を圧搾して得られた油
【作用】
・小腸刺激による瀉下
13)ブクリョウ
【基原】
・サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたもの
【作用】
・利尿、健胃、鎮静
14)ブシ
【基原】
・キンポウゲ科のハナトリカブトまたはオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したもの
【作用】
・心筋の収縮力を高め、血液循環の改善、血液循環が高まることによる利尿、鎮痛
【注意】
・鎮痛作用を示すが、プロスタグランジンを抑えないことから、胃腸障害などの副作用はない
【補足】
・生のブシは毒性が高いことから、その毒性を減らし有用な作用を保持する処理が施される
15)マオウ
【基原】
・マオウ科のマオウ、チュウマオウまたはエフェドラ・エクイセチナの地上茎
【作用】
・気管支拡張、発汗促進、利尿
【注意】
・エフェドリンを含む
16)ロートコン
【基原】
・ナス科のハシリドコロまたはチョウセンハシリドコロの根茎および根
【作用】
・過剰な胃液の分泌抑制、鎮痛鎮痙
【作用】
・抗コリン作用を示すアルカロイドを含む
17)ロクジョウ
【基原】
・シカ科のマンシュウアカジカまたはマンシュウジカの雄のまだ角化していない、もしくは、わずかに角化した幼角
【作用】
・強心、強壮、血行促進

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.08 07:33 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
IMG_0187_convert_20140925143628.jpg

生薬製剤

代表的な生薬成分
7)サイコ
【基原】
・セリ科のミシマサイコの根
【作用】
・抗炎症、鎮痛、解熱
8)ジャコウ
【基原】
・シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物 
【作用】
・強心、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高める、意識をはっきりさせる、緊張や興奮を鎮める、血液の循環を促す
9)センソ
【基原】
・ヒキガエル科のシナヒキガエルなどの毒腺の分泌物を集めたもの
【作用】
・強心
【注意】
・微量で強い強心作用を示す
・皮膚や粘膜に触れると局所麻酔作用を示し、センソが配合された丸薬、錠剤などの内服固形製剤は、口中で噛み砕くと舌などが麻痺することgあるため、噛まずに服用する
・有効域が比較的狭く、1日用量が5mg以下となるよう用法、用量が定められているが、通常用量においても、悪心(吐き気)、嘔吐の副作用が現れることがある
10)センナ
【基原】
・マメ科のチンネベリセンナまたはアレキサンドリアセンナの小葉
【作用】
・大腸を刺激して排便を促す
【注意】
・センシノドを含む
11)ダイオウ
【基原】
・タデ科のショウヨウダイオウ、タングートダイオウ、ダイオウ、チョウセンダイオウまたはそれらの種間雑種の、通例は根茎
【作用】
・大腸を刺激して排便を促す
【注意】
・センシノドを含む

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.07 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
IMG_0262_convert_20140925143549.jpg

生薬製剤

代表的な生薬成分
4)オウバク
【基原】
・ミカン科のキハダまたはフェロデンドロン・キネンセの周皮を除いた樹皮
【作用】
・苦味による健胃、止瀉、収斂(しゅうれん)、抗菌、抗炎症、血行促進
【注意】
・ベルベリンを含む
・オウバクのエキス製剤は、苦味による健胃作用よりも、ベルベリンによる止瀉作用を期待して、消化不良による下痢、食あたり、吐き下し、水あたり、下り腹、軟便などの症状に用いられる
・日本薬局方収蔵のオウバク末は、健胃または止瀉の作用を期待して内服で用いられるが、外用では水で練って患部に貼り、打ち身、捻挫に用いられることがある
5)カンゾウ
【基原】
・マメ科ノウラルカンゾウまたはグリキルリザ・グラブラの根およびストロンで、ときには周皮を除いたもの(皮去りカンゾウ)
※ストロン:直立する茎の根元から生え、地表面に水平に伸びる葉のことで、その途中の節から新たな株が成育する
【作用】
・グリチルリチン酸による抗炎症、気道粘膜からの分泌を促す、小児の疳を適応症とする生薬製剤では主として健胃
6)ゴオウ
【基原】
・ウシ科のウシの胆のう中に生じた結石
【作用】
・強心、抹消血管の拡張による血圧降下、興奮を静める、血液の循環を促す、解熱

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.06 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
IMG_0260_convert_20140925143454.jpg

生薬製剤

生薬製剤の考え方
・生薬製剤は、個々の生薬成分の薬理作用を主に考えて配合された医薬品のこと
・西洋医学的な基調の上に立つもの
・漢方処方製剤のように、使用する人の体質や症状などに適した配合を適合するという考え方に基づくものではなく、定まった処方というものもない
生薬製剤の使用上の注意事項
・基原植物の薬用部位とその他の部位、または他の植物を取り違えると、有害な作用を引き起こすことがある
生薬製剤の相互作用、受診勧奨
・同じ生薬を含む医薬品を併用した場合、副作用を生じやすくなる
・「生薬製剤はすべからく作用が緩やかで、副作用が少ない」という誤った認識を持つ人がいるので注意を喚起する
・一定期間または一定回数使用しても症状の改善が認められない場合は、一般用医薬品によって対処することが適当でない疾患である可能性がある
代表的な生薬成分
1)ウワウルシ
【基原】
・ツツジ科のクマコケモモの葉
【作用】
・利尿、尿路の殺菌消毒
2)カノコソウ
【基原】
・オミナエシ科のカノコソウの根茎および根
※根茎:土中にできる芋のような部位のこと
【作用】
・神経の興奮や緊張の緩和(鎮静)
3)カミツレ
【基原】
・キク科のカミツレの頭花
【作用】
・抗炎症、抗菌、発汗
【注意】
・アズレンスルホン酸ナトリウム(アズレン)を含む

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.05 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
IMG_0249_convert_20140925143418.jpg

漢方処方製剤

3.漢方処方製剤の種類
マオウの使用上の注意事項
・交感神経系への刺激作用により、心臓血管系や肝臓でのエネルギー代謝にも影響する
・心臓病、高血圧、糖尿病、甲状腺機能障害の診断を受けた人は、その症状が悪化するため、使用する前に医師などに相談する
・高齢者は、一般的に心悸亢進、血圧上昇、血糖値上昇を招きやすいため、使用する前に医師などに相談する
・中枢神経系に対する作用が強く、依存性がある
ダイオウの使用上の注意事項
・ダイオウに含まれるセンノシドが腸内細菌により分離され、その分解生成物が大腸を刺激して瀉下作用を示す
・ダイオウには、センノシド(瀉下成分)のほか、タンニン酸(止瀉成分)が含まれており、大量に摂取した場合、逆に止瀉作用が現れることがある
・ダイオウを含む漢方処方製剤は、激しい腹痛を伴う下痢などの副作用が現れるため、瀉下を目的としない場合、その瀉下作用は副作用となる
・ダイオウを含む漢方処方製剤は、激しい腹痛を伴う下痢などの副作用が現れるため、瀉下薬との併用に注意する
・ダイオウを含む瀉下薬の場合、妊婦などは、腸の急激な動きに刺激されて流産・早産を誘発するため、使用する前に医師などに相談する
・一部が乳汁中に移行し、乳児に下痢を起こすため、授乳中の人は使用してはならず、使用する場合には授乳してはいけない

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.04 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
DSC_0088_convert_20140929215456.jpg

漢方処方製剤

3.漢方処方製剤の種類
動悸・息切れに用いられる
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
【適】
・体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときに、のぼせや動悸がある人の立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏
【注意】
・強心作用が期待される生薬は含まれず、主に利尿作用により、水毒の排出を促すことを主眼とする
※水毒:漢方の考え方で、体の水分が停滞したり偏在したりして、その循環が悪いことを意味する
・高血圧、心臓病、腎臓病の診断を受けた人では、偽アルドステロン症を生じやすく、また、動悸や息切れの症状は、それらの基<礎疾患によっても起こることがある
カンゾウの使用上の注意事項
・カンゾウを大量に摂取するとグリチルリチン酸の大量摂取につながり、偽アルドステロン症を生じる
・むくみ、心臓病、腎臓病、高血圧のある人や高齢者は、偽アルドステロン症を生じるリスクが高いため、1日最大服用量がカンゾウ(原生薬換算)として1g以上の製品については、治療を行っている医師または処方薬の調剤を行った薬剤師に相談する
・どのような人でも、1日最大服用量がカンゾウ(原生薬換算)として1g以上となる製品は、長期連用してはいけない
・カンゾウは、甘味料として一般食品にも広く用いられているため、グリチルリチン酸の葬摂取量に注意する

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.03 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
DSC_0090_convert_20140929215310.jpg

漢方処方製剤

3.漢方処方製剤の種類
滋養強壮に用いられる
1)十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)
【適】
・体力虚弱な人の病後・術後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血
【不適】
・胃腸の弱い人では、胃部不快感の副作用が現れやすい
【重篤な副作用】
・肝機能障害
2)補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
【適】
・体力虚弱で、元気がなく、胃腸の働きが衰えて、疲れやすい人の虚弱体質、疲労検体、病後・術後の衰弱、食欲不振、寝汗、感冒
【重篤な副作用】
・間質性肺炎
・肝機能障害
ほてりに用いられる
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
【適】
・体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着きがない傾向のある人の鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚の痒み、口内炎
【不適】
・体の虚弱な人
【重篤な副作用】
・肝機能障害
・間質性肺炎
・腸間膜静脈硬化症
ニキビに用いられる
清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
【適】
・体力中等度以上で、赤ら顏で、ときにのぼせがある人のニキビ、顔面・頭部の湿疹・皮膚炎、赤鼻
【不適】
・胃腸の弱い人では、食欲不振、胃部不快感の副作用が現れやすい
【重篤な副作用】
・肝機能障害
・偽アルドステロン症

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.02 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
DSC_0024_convert_20140929215117.jpg

漢方処方製剤

3.漢方処方製剤の種類
高血圧の随伴症状に用いられる
2)七物降下湯(シチモツコウカトウ)
【適】
・体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のない人の高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)
【不適】
・胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感などの副作用が現れやすい
【注意】
・小児への使用は避ける
鼻の症状に用いられる
1)葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)
【適】
・比較的体力のある人の鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎
【不適】
・体の虚弱な人、胃腸が弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感などの副作用が現れやすい
2)荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)
【適】
・体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒く、ときに手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁が緊張している人の蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび
【不適】
・胃腸の弱い人では、胃部不快感などの副作用が現れやすい
【重篤な副作用】
・肝機能障害
・間質性肺炎
3)辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)
【適】
・体力中等度以上で、濃い鼻汁が出て、ときに熱感を伴う人の鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症
【不適】
・体の虚弱な人、胃腸虚弱で冷え性の人では、胃部不快感などの副作用が現れやすい
【重篤な副作用】
・肝機能障害
・間質性肺炎
・腸間膜静脈硬化症

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
2021.04.01 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |