高齢者に関する統計(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0114_convert_20150820234328.jpg


高齢者に関する統計

・我が国の高齢者介護は、家族による介護に大きく依存しており、実際に同居している主な介護者は、約7割が60歳以上の高齢者である

・平成25年の国民生活基礎調査によれば、同居の主な介護者では68.7%が女性となっている

・介護のために、女性や働き盛りの中高年の人が退職、転職、休職するケースが多く、社会的損失となっている

・要介護者等と同居している主な介護者の介護時間をみると、要介護者が重いほど介護時間が長く、要介護3以上では、「ほとんど終日」を介護時間にあてている介護者が最も多くなっている

・在宅介護を行っている家族の悩みをまとめると、「介護者の精神的負担が大きい」が最も多く64.4%を占めている

・要介護者に対する「憎しみ」「虐待」に関する調査では、憎しみを「いつも感じている人」「ときどき感じている人」を合わせると3人に1人以上となり、虐待をしたことが、「よくある」「ときどきある」を合わせると2割弱いることがわかった

・2012年度法改正にて、高齢者が地域で自立した生活を営めるよう医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスが切れ目なく提供される「地域包括ケアシステム」実現に向けた改正が行われた

・地域包括ケアシステムでは、「概ね30分以内に駆けつけられる圏域」を理想的な圏域として定義している


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.10.11 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策高齢者に関する統計(2)












管理者にだけ表示