社会参加の促進(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0038_convert_20150120074425.jpg


社会参加の促進

身体障害者補助犬法(平成14年5月公布)
補助犬の種類
・盲導犬:1010頭
・介助犬:76頭
・聴導犬:61頭
同伴受け入れ義務
・国や地方公共団体が管理する公共施設
・電車、バス、タクシーなどの公共交通機関
・飲食店、商業施設、病院等の不特定かつ多数の人が利用する施設
・従業員50人以上の民間事業所(平成25年4月変更)
同伴受け入れ努力義務
・従業員50人未満の民間事業所
・民間住宅

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年6月公布)
→公共交通機関の旅客施設及び車両等、道路、路外駐車場、公園、建築物の構造及び設備を改善するための措置などを講ずることにより、高齢者、障害者等の移動上及び施設の利用上の利便性及び安全性の向上を図る
基本構想
・市町村は、国が定める基本方針に基づき、重点整備地区のバリアフリー化のための「基本構想」を作成することができる
移動等円滑化基準
・一定の建築物、公共交通機関、道路、路外駐車場、都市公園を新設などする場合はバリアフリー化基準(移動等円滑化基準)に適合することが義務づけられる
・既存の施設においても、努力義務が課せられる
移動等円滑化経路協定
・重点地区内において連続的なバリアフリー環境を維持するために、その土地の所有者等の全員の合意により、経路の整備や管理に関する事項の協定を締結することができる
→平成32年度までのバリアフリー化等の目標値を設定
(次回に続く)

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2015.12.10 05:00 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉士試験対策社会参加の促進(1)












管理者にだけ表示