通所リハビリテーションサービスの介護報酬(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0190_convert_20150322082114.jpg


通所リハビリテーションサービスの介護報酬

通所リハビリテーションサービスの介護報酬
主な加算
(前回より続く)
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(Ⅰ・Ⅱ)
(※2015年度要件見直し)
・認知症があり、リハビリテーションにより生活機能の改善が見込まれる利用者に対して、退院・退所日または通所開始日(Ⅱについては通所開所日に属する月)から3ヶ月以内に短期集中的なリハビリテーションを実施した場合
※但し、短期集中個別リハビリテーション実施加算等を算定している場合は算定できない

口腔機能向上加算
・言語聴覚士、歯科衛生士または看護職員を1人以上配置し、多職種が共同して口腔機能改善管理指導計画を作成し、口腔清掃の実施などを行った場合

中重度者ケア体制加算
(※2015年度新設)
・運営基準を満たす員数に加え、看護職員等を常勤換算方法で1人以上確保するなど中重度の要介護者を受け入れる体制を整え、サービス提供を行った場合

減算
・定員が超過した場合
・人員基準を満たさない場合
・事業所と同一の建物に居住または同一の建物から通所する利用者への提供の場合
・利用者への送迎を行わない場合

介護予防通所リハビリテーション
・在宅の要支援者が、可能な限り居宅において自立した日常生活を送ることによって、心身の機能の維持・回復を図ることで日常生活のQOLを豊かなものにすることを目指す
具体的実施項目
1.運動器の機能向上
2.口腔機能の向上
3.栄養障害


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2016.04.19 06:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策通所リハビリテーションサービスの介護報酬(2)












管理者にだけ表示