指定居宅サービス事業者(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0085_convert_20151116081819.jpg

事業者および施設

事業者・施設の指定
→介護保険のサービスを提供する事業者は、都道府県知事または市町村長の指定または許可を受ける必要がある
都道府県知事が指定または許可
・指定居宅サービス事業者
・指定介護予防サービス事業者
・指定居宅介護支援事業者(※2018年4月から市町村へ指定権限等を委譲)
・指定介護老人福祉施設
・介護老人保健施設
・指定介護療養型医療施設
(※2012年4月から新規指定はなく、現存の施設のみが2018年3月まで有効)
市町村長が指定
・指定地域密着型サービス事業者
・指定地域密着型介護予防サービス事業者
・指定介護予防支援事業者

指定居宅サービス事業者
→居宅サービス事業を行う者として、都道府県知事に申請を行い指定を受けたもの
指定
・居宅サービス事業者の申請に基づいて、居宅サービスの種類ごと、事業者ごとに行われる
欠格要件
・都道府県知事は以下の場合に該当する場合、指定をすることができない
1)申請者が都道府県知事で定めるものでない
2)事業所が人員基準を満たしていない
3)設備・運営基準に従って適正な事業運営をすることができないと認められる
4)介護保険法その他国民の保健・医療・福祉に関する一定の法律により罰金刑に処されている者
5)指定を取り消されてから5年を経過していない者
6)事業廃止の届出をしたもので、届出日から5年を経過していない者


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2016.06.07 06:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策指定居宅サービス事業者(1)












管理者にだけ表示