介護保険制度の創設(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0470_convert_20150614055145.jpg

介護保険制度の創設

国民の努力および義務
1)自ら要介護状態となることを予防するため、常に健康の保持増進に努める
2)要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス・福祉サービスの利用により、その有する能力の維持向上に努める
3)国民は、共同連帯の理念に基づき、介護保険事業に要する費用を負担する

介護保険の全体像
・市町村および特別区を保険者とする
・基本的に40歳以上の市町村に住所を有する者を被保険者とする
・要介護状態・要支援状態となった場合に介護サービスの提供を行う


日本経済が低迷するなか、少子化とともに高齢者の増加・長寿化が進み、高度医療の進歩などによる医療・年金・福祉負担の増大、国民負担率の増加など、介護保険制度の創設は、社会福祉の改革としてではなく、社会保障構造改革の第一歩として位置づけられている

被保険者数と要介護認定者数(2013年3月末現在)
1)被保険者数は、第1号被保険者が、約3094万人
※介護保険創設時の約2242万人に比べ38パーセント増加
2)要介護認定・要支援認定を受けている人数は、約561万人
※介護保険創設時の約256万人に比べ約2.2倍増加

サービスの利用状況
・2012年度の給付費は、8兆1283億円
※介護保険創設時の3兆2427億円に比べ約2.5倍増加

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2016.07.17 05:46 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策介護保険制度の創設(2)












管理者にだけ表示