包括的支援事業(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0030_convert_20151014070022.jpg

包括的支援事業

包括的支援事業
・被保険者が要介護・要支援状態になることを予防するとともに、要介護状態になった場合でも、可能な限り地元において自立した日常生活を営めるようサポートする事業
・高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を継続できるよう、保健医療の向上と福祉の増進を支援することを目的とする
1)第1号介護予防支援事業(要支援者を除く)
→介護予防・生活支援サービス事業対象者に対し、ケアプランを作成したり、適切な事業が包括的・効率的に実施されるよう必要な援助を行う
※新しい総合事業の介護予防ケアマネジメントとして実施
2)総合相談支援業務
→生活上の介護・福祉や保健などの多様な相談に応じ、関係機関の連絡調整を行う
3)権利擁護業務
→高齢者虐待の早期発見・防止を図ったり、成年後見制度や日常生活自立支援事業等の制度を利用する支援を行う
4)包括的・継続的ケアマネジメント
→ケアマネジャーに対する困難事例等の指導・アドバイス・助言などを行う
→地域の多職種間ネットワークの構築に向けた活動(連携促進)や「地域ケア会議」を開催する
5)在宅医療・介護連携推進事業
・医療の専門的知識を有する者が、介護事業者や居宅における医療を提供する医療機関等やその他の関係者の連携を推進する
(次回に続く)

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2016.07.27 05:30 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策包括的支援事業(1)












管理者にだけ表示