尿失禁

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG7474_convert_20150912145330.jpg

尿失禁

1.尿失禁の分類
1)腹圧性尿失禁
・笑う、咳をするなど、お腹に力が入ることにより尿を漏らすこと
・女性は男性より尿道が短いため、女性に多い
・加齢とともに膀胱括約筋の衰えから失禁が起こりやすくなる
2)切迫性尿失禁
・男女を問わず、尿意を催してからトイレに行くまでに間に合わずに、尿を漏らしてしまうもの
・膀胱括約筋の弛緩、排尿神経のはたらきの低下などで起こる
・失禁を気にして水分を控えることもあるが、脱水の危険があり注意が必要である
3)反射性尿失禁
・脊髄損傷などにより、本人の意思とは関係なく尿が出たり、出なかったりすること
・尿意の感覚がないことも多く、その場合は、おむつの使用などもやむを得ない
4)溢流性尿失禁
・前立腺肥大症などのために尿が排泄されないような場合に、たまった尿がだらだらと漏れてくる失禁のこと
・男性に多い
5)機能性尿失禁
・排尿機能に器質的問題はないが、身体障害や認知症のために、排泄行動が適切にできないために起こる失禁のこと
・麻痺などのために身体を動かすことが不自由な場合、トイレに行くまでに時間がかかり、下着の着脱も不自由であると、着衣を汚すようなことも起こり得る

2.尿失禁への対応
・尿失禁の原因は上記に示したようにさまざまである。排尿の失敗が重なると、おむつを着用させることもあるが、以下のような弊害もある
→本人の納得のいかないおむつ着用は自尊心を傷つけ、知的機能の衰退、うつ状態、反発、抵抗をもたらしやすい
→おむつ着用によって常時排尿態勢がとられ、尿意の後退をもたらしやすい


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2016.09.12 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示