児童等の定義

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

PA110001_convert_20141021235419.jpg

児童等の定義

児童福祉法
・乳児:満1歳に満たない者
・幼児:満1歳から、小学校就学の始期に達するまでの者
・少年:小学校就学の始期から、満18歳に達するまでの者
・児童:満18歳に満たない者
児童虐待防止法
・児童:18歳に満たない者
母子及び父子並びに寡婦福祉法
・児童:20歳に満たない者
母子保健法
・未熟児:身体の発育が未熟のまま出生した乳児であって、正常児が出生時に有する諸機能を得るに至るまでのもの
・新生児:出生後28日を経過しない乳児
・乳児:1歳に満たない者
・幼児:満1歳から小学校就学の始期に達するまでの者
児童扶養手当法
・児童:18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者または20歳未満で政令で定める程度の障害の状態にある者
少年法
・少年:20歳に満たない者
子ども・子育て支援法
・子ども:18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者
児童の権利に関する条約
・児童:18歳未満のすべての者(※ただし、その者に適用される法律により、より早く成年に達したものを除く)

少年法における少年の定義
・犯罪少年:罪を犯した14歳から20未満の少年
・触法少年:刑罰法令に触れる行為をした14歳未満の少年
・虞犯(ぐはん)少年:罪を犯すおそれのある少年

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.01.14 05:00 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉士試験対策児童等の定義












管理者にだけ表示