売春防止法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0066_convert_20141113093304.jpg

売春防止法

売春防止法の概要
・売春の防止を目的に、1956年制定
・要保護女子(売春を行うおそれのある女子)の保護更生等によって売春を防止することを目的とする
・売春等の罪を犯した満20歳以上の女子に対して、補導処分に付することを規定
・売春を防止する理由
1)人としての尊厳を害する
2)性道徳に反する
3)社会の善良の風俗をみだす

婦人相談所
(都道府県に必置)
・要保護女子に関する各般の問題につき、相談に応ずる
・要保護女子およびその家庭につき、必要な調査ならびに医学的・心理学的および職能的判定ならびに指導を行う
・要保護女子の一時保護を行う
婦人保護施設
(都道府県に設置可能)
・都道府県が設置することができる要保護女子を収容保護するための施設
・入所者の自立を支援するため、入所者の就労および生活に関する指導、援助を行う
・要保護女子だけでなく、家庭環境の破たんや生活の困窮など、さまざまな事情により社会生活を営むうえで困難な問題を抱えている女性も保護の対象
・配偶者からの暴力の被害者の保護を行う
婦人相談員
(都道府県に必置、市町村に設置可能)
・要保護女子につき、その発見に努め、相談に応じ、必要な指導を行い、およびこれらに附随する業務を行う
・婦人相談員は、非常勤とする

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.01.17 05:00 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示