貧血のサインと原因

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

015_convert_20130617080911.jpg

さまざまな原因で起こる「貧血」について、ご紹介します。

まず、予備知識として、血液中の赤血球には、体の隅々まで酸素を運ぶという役割があります。

その赤血球には、赤い色素のヘモグロビンが含まれ、肺で酸素と結合してから、全身に運ばれます。

この赤血球やヘモグロビンが減少し、全身が酸素不足の状態になることが、いわゆる「貧血」です。

血液検査で「ヘモグロビン濃度(血色素濃度)」を調べて、診断されます。

そこで、「貧血」と診断されるヘモグロビン濃度の基準値は、
・成人男性の場合、13g/dl未満
・成人女性の場合、12g/dl未満

です。なお、65歳以上の場合、加齢の影響を加味し、11g/dl未満と、若干低めに設定されています。

貧血は、年齢が上がるにつれて増えるため、中高年によく見られる病気です。

75歳以上の人の半数以上が、貧血だと言われています。

次に、貧血が疑われるサインを、以下に示します。
・軽い動作でも動悸や息切れが起きる
・すぐに疲れる
・顔色が悪い
・常に頭が重い
・あくびがよく出る
・爪、歯茎の色が白っぽい


実際には、中高年の人が貧血に気付かないことがあります。その理由は、
・体の代謝機能が働く
→心臓が活発に動いて酸素不足を解消してしまう
・体の慣れ
→貧血はゆっくりと進行するため、体が慣れてしまう
・活発に動く機会が少ない
→走ったり、階段を上がることが少なくなる
・年のせいと思い込む
→疲れやすさを年をとったから仕方ないと割り切ってしまう
などが考えられます。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.06.18 09:54 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療貧血のサインと原因












管理者にだけ表示