任意事業

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0122_convert_20150312075607.jpg

任意事業

任意事業の対象事業
介護給付等費用適正化事業
・主要介護給付等費用適正化事業(認定調査状況チェック、ケアプランの点検、住宅改修などの点検、医療情報との突合・縦覧点検、介護給付費通知)
・介護給付費分析・検証事業
・介護サービス事業者への適正化支援事業
家族介護支援事業
・認知症高齢者見守り事業
・介護教室の開催
・介護自立促進事業
・介護者交流会の開催
・健康相談、疾病予防等事業
その他の事業
・成年後見制度利用支援事業(費用の助成など)
・地域資源を活用したネットワーク形成に資する事業
・福祉用具、住宅改修支援事業
・認知症サポーター養成事業
・介護サービスの質の向上に資する事業
・高齢者の安心な住まいの確保に資する事業
・家庭内の事故などへの対応の体制整備に資する事業
・重度のALS患者の入院におけるコミュニケーション支援事業
・認知症対応型共同生活介護事業所の家賃等助成事業

保健福祉事業

保健福祉事業
・市町村は、地域支援事業に加えて、以下のような保健福祉事業を行うことができる
・財源は、第1号被保険者の保険料で賄われる
1)要介護被保険者を介護している人を支援する事業(介護者教室、家族リフレッシュ事業など)
2)被保険者が要介護・要支援状態になることを予防するための事業(介護予防教室)
3)保険給付のために必要な事業(居宅サービス事業、居宅介護支援事業、介護保険施設の運営など)
4)被保険者が介護保険サービスを利用する際に必要となる資金を貸付ける事業


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.02.25 08:50 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示