熱中症のまとめ

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

105_convert_20130622204440.jpg

熱中症にならないよう、梅雨時に、暑さに強くなる「夏の体」を作る方法
1.暑くなる前の、朝夕に散歩する。(暑くなったら避ける)
2.熱い風呂でたくさん汗をかく。(週2回は、しっかり汗をかく)


一般に、熱中症になった方は、以下の傾向あります。
・助かる方は、すぐ良くなる
・亡くなる方も、すぐ亡くなってしまう

つまり、どこかに生死の境があり、それを見分けて応急処置をすることが非常に大事。

次に、街中で、熱中症で倒れた人を見かけたときの対応
1.意識を確認する
2.呼びかけに応じたら涼しい場所へ避難する
3.水を与える場合、周りの人が飲ませるのではなく、自分で飲んでもらう


熱中症の重症度を見分ける方法は、自分で水が飲めるかどうか
・自分で水が飲めるということは、意識がしっかりしているということ
・自分で水が飲めないとき、意識障害が起きていてすでに重症

最後に、熱中症を防ぐため、暑さを避ける方法をご紹介します。
1.屋外では、日陰を選んで歩く
→日傘をさす、帽子をかぶるなど、直射日光を避ける
2.服装を工夫する
→黒系素材を避け、襟元はなるべく緩める
3.朝のうちに打ち水をする
→気温が低い時間に行うと効果が持続する
→気温が高い時間に行うと、かえって蒸し暑くなる
4.ブラインドやすだれをたらす
→日光から間接的に受ける輻射熱も暑さに関係する
→効果的に使用し、窓から入る太陽光を遮断する
5.扇風機やエアコンを使う
→エアコンは設定温度に注意し、28℃を超えないようにする

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.06.23 00:00 | 熱中症 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ熱中症熱中症のまとめ












管理者にだけ表示