バイタルサイン(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0044_convert_20150530073159.jpg

バイタルサイン

脈拍
→通常、手首の親指の付け根にある橈骨動脈の拍動数を1分当たりで測定する
・血圧が低く拍動を測定できない場合、頸動脈や股動脈で測定する
頻脈:100回/分以上
→感染症、うっ血性心不全、甲状腺機能亢進症、脱水など
徐脈:60回/分未満
→脳出血による頭蓋内圧亢進時、薬剤の副作用、甲状腺機能低下症、洞不全症候群、心臓の刺激伝達系の異常など
不整脈:拍動の欠け(結滞)、リズムの乱れ
呼吸
・呼吸数は、高齢者の場合、1分間で15から20回が正常
過呼吸:25回/分以上
→発熱、心不全、呼吸器疾患
徐呼吸:9回/分以下
→糖尿病性ケトアシドース、脳卒中
・チアノーゼ:呼吸状態が悪化し、血液中の酸素が欠乏すると皮膚や粘膜が紫蘭色になること
起座呼吸:呼吸困難が臥位で増強し、起座位または半座位になると軽減する
→心不全、気管支喘息、肺炎、気管支炎
口すぼめ呼吸:口をすぼめて息を吐くと呼吸が楽になる
→慢性閉塞性肺疾患(COPD)
下顎呼吸:顎であえぐような呼吸(努力呼吸)
→ターミナル期(下顎呼吸が始まると1~2時間で亡くなると言われている)
チェーンストークス呼吸:小さい呼吸から徐々に大きな呼吸となった後、しだいに呼吸が小さくなり一時的に呼吸停止となる呼吸
→脳血管障害、心不全
クスマウル呼吸:異常に深大な呼吸が規則正しく続く呼吸
→糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症
ビオー呼吸:不規則な周期で、無呼吸から4、5回の呼吸を行い、再び無呼吸になる
→髄膜炎、脳腫瘍

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.08.25 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策バイタルサイン(2)












管理者にだけ表示