特定疾病とパーキンソン病の臨床的重症度分類

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

CIMG5914_convert_20150331055550.jpg

特定疾病とパーキンソン病の臨床的重症度分類

特定疾病
1)がん(がん末期)
2)関節リウマチ
3)筋萎縮症側索硬化症(ALS)
4)後縦靭帯骨化症
5)骨折を伴う骨粗鬆症
6)初老期における認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症(ピック病)等)
7)進行性核上性麻痺/大脳皮質基底核変性症/パーキンソン病
8)脊髄小脳変性症
9)脊柱管狭窄症
10)早老症(ウェルナー症候群等)
11)多系統委縮症(シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳萎縮症、線条体黒質変性症)
12)糖尿病性神経障害/糖尿病性腎症/糖尿病性網膜症
13)脳血管疾患(脳出血、脳梗塞等)
14)閉塞性動脈硬化症
15)慢性閉塞性肺疾患(COPD)(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)
16)両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
パーキンソン病の臨床的重症度分類
ホーエン&ヤールの臨床的重症度分類
StageⅠ:一側性障害のみ、通常、機能障害は軽微またはなし
StageⅡ:両側またはああ身体中心部の障害、ただし、体のバランスの障害は伴わない
StageⅢ:姿勢反射障害の初期徴候がみられるもの。身体機能はやや制限されているものの、職業の種類によっては、ある程度の仕事も可能
StageⅣ:病気が完全に進行し、機能障害高度。患者はかろうじて介助なしで起立および歩行することができるが、日常生活は高度に障害される
StageⅤ:介助がない限り寝たきり、または車椅子の生活を余儀なくされる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.10.08 05:00 | ケアマネ試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページケアマネ試験対策特定疾病とパーキンソン病の臨床的重症度分類












管理者にだけ表示