集団の機能(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0027_convert_20151014065939.jpg

集団の機能

モレノ
・選択-排斥関係をもとに集団内の相互作用をみるソシオメトリーを提唱
・ソシオメトリックテストを考案するなど社会集団の分析的方法を体系化した
準拠集団
・個人が比較および同調の拠り所とする有意義や他者のこと
・自分が所属していない集団(非所属集団)であっても、自分の拠り所となる場合もある
・非所属集団も準拠集団になりうる
・規範の機能と比較の機能では、規範の機能の方が非所属集団が準拠集団になりうる
規範(同調)の機能
→個人がある特定の集団の規範に自分の態度を同一化することで、その集団に受け入れられることを欲したり、その集団の規範に従って行動(同調)する場合
比較の機能
→個人がある事柄に関して自己または他者を評価する際に、その基準点としてある集団が利用される場合
レヴィンのリーダーシップ論
1)専制的リーダー
・リーダーが全ての計画を立てる
・作業方法、分担などリーダーが決める
・仕事の評価は、リーダーが行う
2)民主的リーダー
・作業計画は、メンバーとの討議で決める
・作業分担はグループに任せる
・仕事に対する激励や称賛はすばやく客観的に行う
・リーダーも作業に参加する
3)放任的リーダー
・作業計画は、メンバーとの討議でも個人でも決めてよい
・作業分担はグループに一任
・作業成果に対して、褒めも叱りもしない
※リピットによれば、簡単な仕事では民主的なリーダーがよく、難しい仕事では専制的リーダーが生産性が向上する

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.10.19 05:00 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉士試験対策集団の機能(1)












管理者にだけ表示