社会的養護施設(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0064_convert_20150602053233.jpg

社会的養護施設

乳児院
・入所理由は、母親の疾病(精神疾患を含む)、虐待、ネグレくと、父母就労、受刑などだが、近年、母親の精神疾患や虐待による入所が増加傾向にある
・原則として乳児(1歳未満)を入所させて養育する施設だが、実際には2歳あるいは3歳まで入所していることも多く、低年齢児を養育するというところに特色がある
・平成16年の児童福祉法改正により、「保健上、安定した生活環境の確保その他の理由んいよる特に必要のある場合」には就学前までの入所が可能となった
・乳児院の在所期間の半数が6ヶ月未満と短期であるが、長期在籍となる3歳以上の子どものほとんどは重い障害のある子どもや兄弟が同じ施設にいる子どもなど保育看護の環境が必要な子どもである
児童養護施設
・乳児を除く18歳に至るまでの子を対象としてきたが、特に必要がある場合は、乳児から対象にできる
・20歳に達するまで措置延長ができることから、子どもの最善の利益や発達状況を鑑みて、必要がある場合には18歳を超えても対応していくことが望ましい
・義務教育修了後、進学せず、または高校中退で就労する者であっても、その高い擁護性を考慮して、でき得る限り入所を継続していくことが必要である

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.12.04 07:47 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉士試験対策社会的養護施設(1)












管理者にだけ表示