児童福祉制度の発展過程

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0021_convert_20150521043701.jpg

児童福祉制度の発展過程

1909年 ホワイトハウス(白亜館)会議宣言
・セオドア・ルーズベルト大統領による要保護児童の保護に関する会議
・第1回ホワイトハウス会議では、家庭尊重の原則を宣言した
・「家庭生活は文明所産のうち最高のもの。子どもは原則として家庭生活から分離されてはならない」と宣言
・大統領が招集する児童問題について討議する会議として、約10年ごと開催されている
1924年 ジュネーブ宣言
・第一次世界大戦の反省の上に採択
・国際的機関が採択した世界初の児童権利宣言である
・「人類は児童に対し、最善のものを与える義務を負う」と明文化
1948年 世界人権宣言
・第二次世界大戦の反省の上の採択
・初めて全世界すべての人々の人権を守ることを公的に明らかにした
1959年 児童権利宣言
・世界人権宣言を踏まえて採択
・児童最善の権利という理念を提示
1979年 国際児童年
・児童権利宣言採択から20周年
・児童の福祉向上を経済社会開発計画の中に組み入れるよう各国、関係諸機関に要請している
1989年 児童の権利に関する条約
・児童権利宣言から30周年により確かなものにするため採択
・能動的権利(大人と同様、基本的人権の保障)を明確にした
・「児童の権利宣言」の理念を国際条約として具体化した

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2017.12.14 08:59 | 社会福祉士試験対策 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉士試験対策児童福祉制度の発展過程












管理者にだけ表示