冷え性が女性に多い理由

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。




前述した冷え性の3つの原因は、いずれも次に示す生活習慣と深い関わりがあります。

・衣類の要因
短いスカートや薄着などは、体内で作られた熱が逃げて、体が冷えやすくなります。また、体を締め付ける衣類は、血液の循環を悪くするため、体の末端に熱を運びにくく、手足の先端が冷える原因となります。

・食生活の要因
必要となる食事量を下回ると、体内で熱を作り出すのに必要なエネルギー源が不足し、その結果、作られる熱も不足します。冷え性で苦しんでいる人には、朝食をとらない人が多く見られます。

・室内環境
エアコンに頼りすぎた環境では、自律神経に乱れが生じやすくなります。これは、寒暖を感じるセンサーの機能が鈍くなり、実際には体が冷えていなくても、冷えを感じてしまうからです。また、エアコンの冷気で体が冷え過ぎることもあります。

・運動不足と筋力低下
普段からあまり運動をしない人は、食事で取った食べ物から生成されるエネルギー源がうまく燃焼できず、体内でつくり出される熱量が少なくなります。また、体の熱は、エネルギー源を元に、主に筋肉が作り出します。運動不足で筋肉を動かさないと筋力が低下し、冷えを助長します。

冷え性が女性に多い理由は、以下に示すように、女性の方が冷え性を招く生活習慣に当てはまりやすいことがあります。
・ファッションを重視した過度の薄着をしたり、極端なダイエットのため、朝食を抜く
・女性は男性に比べ、筋肉量は少なく、体内で作られる熱も少ない
・月経、出産、閉経に伴って、ホルモンのバランスが崩れやすく、自律神経の乱れを生じる


男性にも冷え性はあり、男女比では、1対4の割合です。また、男性の冷え性は、ストレスが関係していることが多いのが特徴です。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓




関連記事
2013.07.28 10:58 | 生活術 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ生活術冷え性が女性に多い理由












管理者にだけ表示