冷え症の治療法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

012_convert_20130615211317.jpg


冷え症を改善する4つのポイントを以下にご紹介します。

1.運動
一日30分、もしくは3km、少し早足で歩く。
例えば、一駅手前で降り、自宅まで歩いてみる。

2.朝食
必ず朝食を食べましょう。
体内の熱は、食べ物から作られるので、必ず朝食を食べるようにする。また、バランスのよい食事を、一日3食、とるようにする。

3.服装
薄着や露出はなるべく避けて、全身の熱を逃がさないようにする。
手袋、マフラー、腹巻きにカイロを使うのも効果的です。

4.入浴
短時間の入浴では体の表面しか温まらないので、38度くらいのぬるめの湯に10分から15分といった長い時間入る。できれば、半身浴の方がよい。また、寝る前に足が冷える場合、足湯をすると全身の血液循環がよくなり手足の先端まで熱が運ばれます。

まずは、これらの生活習慣を見直して、冷え症を改善してみましょう。

次に、生活習慣を改善しても、冷え性がよくならない場合、「漢方治療」を試してみましょう。

西洋医学では、今、現れている症状の原因を突き止め、それに対処する治療が行われます。そのため、原因がはっきりしないと、治療法が決められないこともあります。

一方、東洋医学では、患者さんの訴える症状を重視し、それを改善するための治療を行います。漢方薬を服用することで、冷えの症状を改善していきます。
↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.07.29 09:17 | 生活術 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ生活術冷え症の治療法












管理者にだけ表示