医療保険制度の仕組みと窓口負担

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0007_convert_20150904173729.jpg

医療保険制度の仕組みと窓口負担

公的医療保険制度
→加入者が収入に応じて保険料を出し合い、加入者やその家族などが医療が必要な状態になった際、患者の窓口自己負担分を除いた医療費をそこから捻出する仕組み
・加入者が出し合った保険料は保険者が管理し、患者がその都度医療費を支払う
・年齢や職種などによって保険の種類が決まり、それによって患者の窓口負担も異なっている
窓口負担割合
→患者が保険医療機関などにかかった際、治療に要した医療費全体のうち、当該機関の窓口で患者自身が支払う医療費の割合
70歳未満の人
・外来、入院にかかわらず医療費の3割を窓口で負担すれば治療が受けられる
・残りの7割は保険者が負担する
70歳以上75歳未満の人
・2008年4月に1割から2割に引き上げられたが、国の特別措置により1割に据え置かれていたが、2014年度から見直され、同年4月以降に70歳に達した人は2割、既に70歳に達している人は1割とされた
※ただし、いずれの場合も、現役並みの一定所得がある人は3割となる
75歳以上の人
・2008年4月より、75歳以上(または65歳以上の寝たきり等の状態)の人については、一般の医療保険制度から切り離して独立させた「後期高齢者医療制度」が設けられた
・所得に応じて、自己負担額は1割または3割となる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2018.07.18 05:00 | 医療保険制度 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療保険制度医療保険制度の仕組みと窓口負担












管理者にだけ表示