廃用症候群

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

041_convert_20130812081721.jpg

廃用症候群

廃用症候群
→過度の安静や活動性の低下によって、体の一部、全身、精神や神経の働きが低下してしまった状態
体の一部:筋肉の萎縮、関節の拘縮、骨の萎縮、皮膚の萎縮、褥瘡、静脈血栓症など
全身:心肺機能低下、起立性低血圧、消化機能低下(食欲不振、便秘)、尿量の増加(血液量の減少、脱水)など
精神や神経:うつ状態、知的活動低下、周囲への無関心、自律神経の不安定、姿勢や運動の調節機能低下など
症状
・絶対安静の状態(筋収縮が行われない状態)でいると、1週間で筋力が10から15パーセント低下すると言われる
・高齢者の場合は、2週間のベッド上安静で下肢の筋肉が20パーセント萎縮すると言われる
治療法
リハビリ
・予防と改善の基本である「本人が選んだ、生きがいのある生活を送っていることで、自然に生活も活発であること」を目指した働きかけ(生活活動への意欲を回復できるような働きかけ)をする
・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションの実施
生活習慣の改善
・ベッド上安静の原因となる疾患やケガの治療を適切に行い、離床を促す
・座位時間を増やし、上肢や下肢を動かす運動を行う
・規則正しい生活、食事を習慣づける
日常生活の注意点
・ベッドで寝ている時間を減らす
・縟瘡や神経麻痺の発生に注意する

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2019.01.31 05:00 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療廃用症候群












管理者にだけ表示