介護保険優先の原則と例外

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

005_convert_20130910101803.jpg


介護保険優先の原則と例外


3つの法律
・介護保険サービスを受けている高齢者が「身体障害者手帳」を交付されると、介護保険法、障害者総合支援法、身体障害者福祉法の3つの法律に基づく支援を受けることができる
1)介護保険法:介護認定の手続きが必要となる
2)障害者総合支援法:支給決定、障害支援区分の手続きが必要となる
3)身体障害者福祉法:身体障害者手帳交付の手続きが必要となる
介護保険優先の原則
・高齢者支援と障害者支援には重複するところが多くあるが、「介護保険優先の原則」(「障害者総合支援法」第7条)があるため、サービス内容が重複した場合には、介護保険を優先する
介護保険優先の原則の例外
・高齢障害者のニーズがさまざまであることに配慮して、介護保険優先の原則には、いくつかの例外があり、以下の場合、障害福祉サービスを利用できる
1)介護保険サービスの供給量が不足する場合(人手不足など)
2)介護保険サービスを提供する事業者や施設が近くになかったり、あっても定員に空きがない場合(ただし、その状態が解消されるまでの期間に限定される)
3)介護認定で非該当とされた高齢障害者が、市区町村によって障害福祉サービスが必要と認められた場合
4)特有の身体状況があるために、標準的サービスではニーズを満たさない場合

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2019.02.06 08:45 | 障がい者福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ障がい者福祉介護保険優先の原則と例外












管理者にだけ表示