高額療養費(3)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

1379778_convert_20131005083514.jpg

高額療養費

高額療養費の計算方法
・一月単位(1日から月末)で計算する
・月をまたいで入院あるいは通院したときは、月ごと別々に計算する
・薬代(薬局での自己負担)があれば、それも加える
・同じ病院にかかっていても、通院と入院は別々に計算する
・以上を踏まえて、自己負担額を算出する
高額療養費の申請に必要な書類
・高額療養費支給申請書
・保険証
・医療機関発行の領収書または請求書
・印鑑(世帯主)
・口座振替依頼書(世帯主名義・貸付用)
・口座振替依頼書(世帯主名義・差額支払用)
高額療養費の申請に必要な手続き
・支給申請先は加入している医療保険の窓口に提出する(郵送でも可)
・申請から支給までにかかる標準的な時間は、医療機関から保険者に出される診療報酬のレセプトの審査、確定後に支給が決まるため、3から4ヶ月程度の時間が必要とされている
限度額適用認定証の活用
・70歳未満の人が入院したときは、保険証と限度額適用認定証を提示すると、窓口での支払いが自己負担限度額までで済む
・入院が決まったら、健康保険者に連絡して限度額適用認定証を申請しておく
・限度額適用認定証は、外来にも使用することができる
・70から74歳の人は、高齢受給者証を示すだけで足りることもある

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2019.02.26 09:41 | 医療保険 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療保険高額療養費(3)












管理者にだけ表示