配偶者暴力防止法(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

135_convert_20130503114903.jpg

配偶者暴力防止法

被害者の保護
保護についての説明等
・配偶者暴力相談支援センターは、通報または相談を受けた場合、被害者に対し、配偶者暴力相談支援センターが行う業務の内容について、説明および助言を行うとともに、必要な保護を受けることを勧奨する
警察官による被害の防止
・警察官は暴力の制止、被害者の保護その他の配偶者からの暴力による被害の発生を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない
警察本部長等の援助
・警察本部長または警察署長は、配偶者からの暴力による被害を自ら防止するための援助を受けたい旨の申出があり、その申出を相当と認めるときは、被害を自ら防止するための措置の教示その他配偶者からの暴力による被害の発生を防止するために必要な援助を行う
保護命令
・裁判所は、被害者の申立てにより、その生命または身体に危害が加えられることを防止するため、配偶者に対し、接近禁止命令や退去命令を命ずることができる
接近禁止命令
・命令の効力が生じた日から起算して6ヶ月間、被害者の住居等において被害者の身辺につきまとい、または被害者の住居、勤務先等の付近を徘徊してはならないことを命ずることができる
・接近禁止命令を発するときは、配偶者に対し、被害者に対して以下に揚げる行為をしてはならないと命ずる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2019.05.21 05:00 | 社会保障 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会保障配偶者暴力防止法(2)












管理者にだけ表示