過活動膀胱とは

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

005_convert_20130910101803.jpg


「トイレがやたら近くなる」とったっ症状に悩む人は少なくありません。

その原因は、「過活動膀胱(ぼうこう)」かもしれません。

過活動膀胱の人は年齢とともに増加し、80歳以上では約4割にも及びとされています。

実際には、「年だからしかたない」と諦め、受診しない人が多いようです。

過活動膀胱は、治療で治すことができるので、生活に支障を来たしている方は受診することをお薦めします。

過活動膀胱の症状は、「突然、尿意をもよおす」ことです。

これは、突然、起こり、我慢する余裕がないほどの尿意です。

この他の症状に、頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁などが起こります。

目安は、頻尿は、一日に8回以上排尿すること。

夜間頻尿は、寝ている間に、1回以上、排尿のために起きることです。


切迫性尿失禁は、突然の強い尿意のため、トイレに間に合わず失禁してしまうことで、過活動膀胱の患者さんの半分に見られます。

例えば、冬など寒いとトイレが近くなる人がいらっしゃいます。

過活動膀胱との違いは、尿意をもよおしたとき、我慢できるか否かです。

トイレまで我慢ができるのでしたら、問題ありません。

過活動膀胱の主な原因は3つあります。

これについては、次回、ご紹介します。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓

関連記事
2013.09.12 19:55 | 高齢者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者過活動膀胱とは












管理者にだけ表示