介護職員の実施可能な行為

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

061_convert_20130921092411.jpg


法改正により、平成24年4月から、一定の研修を受けた介護職員は、一定の条件の下で、たんの吸引などの行為が実施可能となりました。詳細を以下に示します。

1.実現可能な行為
たんの吸引、その他の日常生活を営む上で必要な行為で、医師の指示の下で行われる。

・たんの吸引 → 口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部
・経管栄養  → 胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養

2.介護職員の範囲
たんの吸引等を実施できる介護職員は、次の者に限定されている。

・認定特定行為業務従事者
一定の研修を終了した者を都道府県知事が認定し、修了者には、「認定特定行為業務者認定証」が交付される。
・介護福祉士
※平成27年4月から施行

3.登録事業者
たんの吸引等の業務を行う場合は、事業所ごとに都道府県知事に登録しなければならない。

対象となる施設
介護関連施設、障害者施設、在宅、特別支援学校など

登録基準
医療関係者との連携
・文書による医師の指示を受け、報告書を医師へ提出すること
・医師、看護職員等の医療関係者との連携を確保すること
・たんの吸引等の計画書を作成し、利用者の同意を得ること
・業務の手順書を記載した業務方法書を作成すること など


安全確保措置
・委員会の設置や研修実施などの安全体制を確保すること
・必要な備品等の確保、衛生管理等の感染症予防の措置 など



↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.09.21 10:30 | 介護 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ介護介護職員の実施可能な行為












管理者にだけ表示