高齢者福祉の歴史(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

096_convert_20130930053245.jpg


我が国の高齢者福祉の歴史について、時系列でご紹介します。

1950年(昭和25年) 生活保護法
一部の低所得者に、養老施設へ収容保護

1962年(昭和37年) 家庭奉仕員制度配置要綱
ホームヘルプサービスの創設

1963年(昭和38年) 老人福祉法
特別養護老人ホーム、(擁護、軽費、有料)老人ホーム、老人家庭奉仕員派遣

1971年(昭和46年) 高年齢者雇用安定法
中高年齢失業者等に対する特別措置

1973年(昭和48年) 老人福祉法改正
老人医療費の無料化(福祉元年)

1977年(昭和52年) 社会保障制度審議会
老人ホームを収容の場から生活の場へ高めるべきとの提言

1978年(昭和53年) 老人福祉法改正
ショートステイ開始

1979年(昭和54年) 老人福祉法改正
デイサービス開始

1982年(昭和57年) 老人保健法
老人医療(70歳以上)、一部負担制度導入

1982年(昭和57年) 老人福祉法改正
低所得世帯を対象に無料で派遣されてきたホームヘルプサービスが、所得税課税世帯にも有料で派遣開始

1986年(昭和61年) 老人保健法改正
老人保健施設創設

1989年(平成元年) ゴールドプラン策定
高齢者保険福祉推進十ヵ年戦略

次回に続く

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.09.30 05:35 | 社会福祉 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ社会福祉高齢者福祉の歴史(1)












管理者にだけ表示