精神症状(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0912_convert_20140605090937.jpg

精神症状

思考
妄想
1)妄想気分
・周囲の世界がなんとなく変わったように感じる
2)妄想着想
・突然、何の媒介もなく誤った観念が頭に飛び込んできて確信する
3)妄想知覚
・知覚した日常の現象から、理解不能な意味づけをする
4)被害妄想
・「隣の家の人が電磁波攻撃を仕掛けてくる」などと思い込む
5)罪業妄想
・とんでもない罪を犯してしまったと思い込む
6)誇大妄想
・自分が他人よりもはるかに優れていると思い込む
7)注意妄想
・常に誰かに見張られていると思い込む
8)血統妄想
・高貴な家の出身など、血統に関する誇大妄想
観念奔逸
・思考が次々と沸いてきて話題が一定せずに、跳んだり広がったりして目的観念を失う状態
作為体験(させられ体験)
・自分の考えや行為が、他人によってさせられていると感じる病的な体験
感情
1)抑うつ気分
・気分が沈み、喜びや楽しさを感じず、寂しく悲しい状態
2)躁気分
・抑うつ気分とは逆に、晴れ晴れとした気分をいい、万能感を伴ったりする
3)感情鈍麻
・外界に無関心で感情の表現が失われる
4)不安状態
・発作性と持続性があり、強い発作性不安がパニック発作を起こす
・動悸、息苦しさ、四肢のしびれや冷感、振戦などの自律神経症状を伴う
5)感情失禁
・ささいな刺激で激しい情動が起こる
・ささいなことで、不機嫌な態度で反応しやすいことを易刺激性という
・ささいなことで、怒りっぽい状態を易怒性という

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2019.12.17 05:00 | 精神疾患 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ精神疾患精神症状(2)












管理者にだけ表示