発達障害者支援法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0190_convert_20150322082114.jpg

発達障害者支援法

発達障害者支援法
目的
・障害者基本法の基本的な理念にのっとり、発達障害者が基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活または社会生活を営むことができるよう、発達障害を早期に発見し、学校脅威における支援、就労の支援等について定め、発達障害者の自立および社会参加のためのその生活全般にわたる支援を図り、すべての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重しあいながら共生する社会の実現に資することを目的とする
定義
発達障害
・自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう
発達障害者
・発達障害がある者であって発達障害および社会的障壁により日常生活または社会生活に制限を受けるものをいう
発達障害児
・発達障害者のうち18歳未満のものをいう
発達障害の早期発見
・市町村は、母子保健法に規定する健康診査を行うに当たり、発達障害の早期発見に十分留意しなければならない
・市町村の教育委員会は、学校保健安全法に規定する健康診断を行うことに当たり、発達障害の早期発見に十分留意しなければならない

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.01.27 05:00 | 医療 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医療発達障害者支援法












管理者にだけ表示