障害者の定義(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0188_convert_20150227072543.jpg

障害者の定義

障害者の定義
1.障害者基本法(昭和45年公布)
→「障害者」とは、身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)、その他の心身の機能の障害がある者であって、障害および社会的障壁により継続的に日常生活または社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう
2.身体障害者福祉法(昭和24年公布)
→「身体障害者」とは、別表に掲げる身体上の障害がある18歳以上の者であって、都道府県知事から身体障害者手帳の公布を受けたものをいう
3.知的障害者福祉法)(昭和35年公布)
→なし
4.精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年公布)
→「精神障害者」とは、統合失調症、精神作用物質による急性中毒またはその依存症、知的障害、精神病質、その他の精神疾患を有するものをいう
5.児童福祉法
→「障害児」とは、身体に障害のある児童、知的障害のある字度儒、精神に障害のある児童(発達障害児を含む)または治療方法が確立していない疾病、その他の特殊の疾病であって障害者総合支援法第4条第1項の政令で定めるものによる障害の程度が同項の厚生労働大臣が定める程度である児童をいう
6.特別児童扶養手当等の支給に関する治療
・「障害児」とは、20歳未満であって、第5項に規定する障害等級に該当する程度の状態にある者をいう

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.01.29 05:00 | 障害者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ障害者障害者の定義(1)












管理者にだけ表示