表現の自由(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

030_convert_20130514233926.jpg

表現の自由

表現の自由の意義
・憲法21条1項は「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」としている
・憲法21条1項は、思想、信条、意見などの言論活動だけに限らず、事実の報道、放送、商業広告などの営利的言論、デモ行進、性表現など一切の情報伝達行為の自由を保障するものである
・表現の自由の優越的地位が導き出されるのは、表現の自由が以下の2つの価値に支えられているためである
表現の自由を支える価値
自己実現の価値
・個人が言論活動を通じて自己の人格を発展させるという個人的な価値
自己統治の価値
・言論活動によって国民が政治的意思決定に関与するという民主政に資するという社会的な価値
知る権利
・表現の自由は、本来、情報の送り手に重点をおいて、情報の伝達行為の自由を保障しようとするものであるが、マスメディアの発達により、情報伝達手段がマスメディアにより独占されるようになり、情報の送り手と受け手が分離した
・そこで、今日では、表現の自由は情報の受け手の側から再構成する必要があり、国民の知る権利(聞く自由、読む自由、見る自由)も保障するものであると解されている
報道の自由と取材の自由
1.報道の自由と取材の自由の意義
・報道の自由は、単に事実を報道するにすぎないが、判例では、民主主義において、国民が国政に関与するにつき、重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであるが、取材の自由については、憲法21条の精神に照らし、十分に尊重に値するとしている

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.02.20 05:00 | 憲法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ憲法表現の自由(1)












管理者にだけ表示