財産権(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

105_convert_20130530092708.jpg

財産権

財産権の保障の意味
・憲法29条1項は「財産権は、これを侵してはならない」と規定する
・個人が現に有する財産上の権利を保障するとともに、制度としての私有財産権をも保障したものであると解されている(制度的保障・通説)
財産権の制限
・憲法29条2項は「財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律でこれを定める」としているが、これは、同条1項で保障された財産権の内容が法律によって制約されることを明らかにしたものである
・29条2項は「法律で定める」としているため、地方公共団体が条例で財産権を制限できるかが問題となっているが、同条2項の法律には条例も含まれ、条例で財産権を制限することもできると解されている
合憲性の審査基準
・憲法29条2項の「公共の福祉」には、内在的・消極的規制だけではなく、政策的・積極的規制も含まれる
・財産権に対する規制立法の合憲性審査基準についても、積極目的・消極目的二分論が妥当すると解されている
・共有森林の分割請求を制限している森林法が29条1項に違反しないかが問題となった事件で、判例は、積極目的の規制か消極目的の規制かに言及せずに、森林法の規定は、必要かつ合理的な規制とはいえないとして違憲としている

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.02.29 05:00 | 憲法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ憲法財産権(1)












管理者にだけ表示