内閣(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

033_convert_20130701150827.jpg

内閣

行政権の帰属
・憲法65条は「行政権は、内閣に帰属する」と規定する
内閣の組織
・内閣について「内閣は、法律の定めるところにより、首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する」(66条1項)と規定し、内閣は合議体とされている
内閣の組織
内閣総理大臣
1)内閣総理大臣は、国会の議決で指名し、その指名に基づいて天皇が任命する
2)国会の議決による内閣総理大臣の氏名は他のすべての案件に先立って行う
・内閣総理大臣は、国会議員でなければならない
その他の国務大臣
1)国務大臣は、内閣総理大臣が任命する
2)内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる
3)国務大臣の任免については、天皇が認証する
・国務大臣の過半数は、国会議員でなければならない
文民統制
・「内閣総理大臣その他の国務大臣は文民でなければならない」とは、軍が政治に介入することを防止しようとするものである
内閣総理大臣
・他の国務大臣と平等な地位にあるわけでなく、内閣の首長とされ、国務大臣の任命権・罷免権を有する
・内閣を代表する権能が認められているが、これは内閣の一体性・統一性を確保し、内閣の国会に対する連帯責任を強化する趣旨である
・国務大臣の罷免権は、内閣総理大臣の専権であるから、法律で制限することはできないし、裁判所の審査も及ばない

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.03.24 05:00 | 憲法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ憲法内閣(1)












管理者にだけ表示