共有(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

053_convert_20131026105757.jpg

共有

共有の分割
1.共有物の分割請求
原則
・各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる
例外
1)5年を超えない範囲内で、共有物の分割をしない旨の特約をすることができ、その特約は更新できるが、更新の時から5年を超えることができない
2)分割できない旨の特約を第三者に対抗するには、登記が必要である
2.分割の方法の概要
・民法は共有物の分割の方法等について、以下のように定めている
1)共有物の分割は、共有者の協議によるが、協議が調わないときは、裁判所に共有物の分割を請求することができる
2)現物の分割ができない場合やそれにより著しく価格が低下するおそれがあるときは、裁判所は、競売を命じその代金を分割することができる
3.協議による分割
・協議によるときは、分割の方法は当事者間で自由に決めることができる
4.裁判上の分割
・当事者間に協議が調わないときは、裁判所に共有物の分割請求ができる
・共有者間に協議が調わないときとは、共有者の一部に共有物分割の協議に応ずる意思がないため共有者全員において協議をすることができない場合も含み、現実に協議をしたうえで不調に終わった場合に限られない
・裁判所による分割は現物分割が原則であるが、価格賠償も認められる
5.共有物の分割への参加
・共有物について権利を有する者及び各共有者の債権者は、自己の費用で、分割に参加することができる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.05.15 05:00 | 民法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ民法共有(2)












管理者にだけ表示