高齢者虐待防止法

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

032_convert_20131017155954.jpg


「高齢者虐待防止法」について、ご紹介します。

「高齢者」の定義:
65歳以上の者(65歳未満の者で要介護施設入所者や介護事業のサービスを受ける障害者は高齢者とみなして、要介護施設従事者等による高齢者虐待に関する規定を適用)

「高齢者虐待」の定義:
1.養護者による虐待
2.要介護施設従事者等による虐待

「要介護施設等」の定義:
1.要介護施設とは、老人福祉施設、有料老人ホーム、介護保険施設、地域包括支援センター等
2.要介護事情とは、居宅生活支援事業、居宅サービス事業等

虐待の種類
1.身体的虐待
身体に外傷が生じ、または生じる恐れのある暴行を加えること

2.心理的虐待
著しい暴言、拒絶的な対応など、心理的外傷を与える言動を行うこと

3.性的虐待
高齢者にわいせつな行為をすること。または、させること

4.介護放棄
高齢者を衰弱させるような著しい減食、長時間の放置など著しく養護を怠ること

5.経済的虐待
高齢者の財産を不当に処分すること。高齢者から不当に財産上の利益を得ること。

通達義務
1.擁護者による虐待
擁護者による虐待を受けたと思われる高齢者を発見した者は、高齢者の生命または身体に重大な危険が生じている場合は、速やかに、市町村に通達しなければならない。

2.要介護施設従事者等による虐待
要介護施設従事者等は、施設従事者等による虐待を受けたと思われる高齢者を発見した者は、速やかに、市町村に通達しなければならない。

免責
・高齢者虐待の通報をしても、守秘義務違反にはならない。
・要介護施設従事者等は、通報をしたことを理由に解雇その他不利益な取扱いを受けない。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.10.19 07:45 | 高齢者 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ高齢者高齢者虐待防止法












管理者にだけ表示