行政上の強制執行

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0006_convert_20141005042727.jpg

行政上の強制執行

行政上の強制執行
・行政上の強制執行は、代執行、執行罰、直接強制、行政上の強制徴収の4つに分類される
1.代執行
・代執行とは、代替的作為義務が履行されない場合の強制手段である
・代執行については、行政代執行法という代執行に関する一般法があり、その他に特別法(建築基準法や土地収用法)に代執行の規定がある
2.執行罰
・執行罰とは、行政上の義務の不履行に対して、過料を科すことを予告して、その心理的圧迫によって間接的に義務者の義務の履行を促すこと
・この執行罰は、過料を科す程度の制裁なので、あまり効果がないことから、砂防法という法律にその規定が残っているだけである
3.直接強制
・直接強制とは、行政上の義務の不履行がある場合に、義務者の身体又は財産に直接に実力を加えて義務が履行されたのと同一の状態を実現する作用をいう
・直接強制は、人権侵害の危険性がおおいにあるので、例外的に法律に定められているものしか存在しない
・直接強制及び執行罰については、義務の履行確保の手段であることから、条例によって当該制度を導入することはできない
4.行政上の強制徴収
・行政上の強制徴収とは、国税を滞納した場合、強制的にそれを徴収することにより租税債権を強制的に実現するなどのことをいう
・国税債権については、国税徴収法が制定されており、同法に規定する滞納処分の手続きにより強制徴収される

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.08.15 05:00 | 行政法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ行政法行政上の強制執行












管理者にだけ表示