精神科の治療

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

061_convert_20131030220024.jpg


精神科の治療方法について、ご紹介します。

精神療法

・精神療法とは、医師と患者間の精神相互作用を通じ、患者の心身に何らかの治療的変化を引き起こす医学的な治療法。

・カウンセリング、催眠療法、精神分析療法、森田療法、遊戯療法、家族療法、心理劇など。

生活療法

1.生活技能訓練療法(SST)
行動療法の理論による一定の治療計画に基づき、観察学習、ロールプレイなどにより基本生活技術、対人関係能力などを身に付ける。

2.レクリエーション療法
レクリエーションを通じて治療という働きかけをする。遠足m、野球大会、ラジオ体操、ゲームなど。

3.作業療法
作業と通じて生産意欲、創意性を開発し、責任の自覚や完成の喜びを体得させることにより、最社会科を図る療法。生産的作業、創意的作業など。

4.精神科リハビリーション
長期入院者などの退院後の社会生活への移行段階の働きかけを行う。精神科デイケア、ナイトケアなど。

薬物療法

1.抗精神薬
鎮静作用と抗精神病作用をもつう薬物で、幻覚、妄想、不穏、興奮、錯乱状態などの改善や感情鈍磨(どんま)、意欲減退を賦活する効果がある。

2.抗うつ薬
抑うつ気分を改善させる作用をもつ薬物で、主としてうつ病の抑うつ気分、精神運動性抑制、思考抑制に効果がある。

3.抗不安薬
不安、緊張感、焦燥感の改善、抑うつを除去する作用のある薬物。

4.抗てんかん薬
けいれん発作や精神運動発作に用いられる薬物。てんかんにおける大発作、小発作、精神運動発作に用いられる。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.11.01 07:50 | 精神障害 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ精神障害精神科の治療












管理者にだけ表示