精神障害の分類と精神症状

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

045_convert_20131102095304.jpg


精神障害は以下の3つに分類されます。

1.内因性
原因不明の精神病
「統合失調症」「気分障害(躁うつ病)」「日定型精神病」など

2.外因性
外傷、脳の損傷や、脳以外の臓器の病気による精神病
「症状性精神病」「中毒性精神病」

3.心因性
性格を基盤とした反応、パーソナリティの偏り、生まれつきの知的障害
「神経症」「心因反応」「精神遅滞」「性格障害」

次に、精神症状の現れ方をご紹介します。

1.知覚
・錯覚:「せん妄」
現実に存在するものを誤って知覚する
・幻覚:「統合失調症」
現実に存在しないものを存在していると知覚する

2.思考
・思考抑止:「うつ病」
考えの進行が遅くなり、着想が乏しくなる
・思考途絶:「統合失調症」
考えの流れが突然断ち切られ、真っ白になる
・妄想:「統合失調症」
病的で誤った判断や観念を抱き、強い確信を持ち、間違いを認めない
・観念本逸:「躁病(そうびょう)」
考えが次々に湧き出してくる

3.感情
・病的爽快:「躁病」
病的に気分が高揚する
・抑うつ気分:うつ病」
気分が沈んでいる
・感情鈍磨:「統合失調症」
外界に無関心で感情の表現が失われる
・不安:「不安神経症」 
漠然とした恐れを抱く
・感情失禁:「認知症」
些細な刺激で激しい情動が起こる

4.意識
・失見当識:「認知症」
自分がいる場所や、今、何時頃なのかわからない
・せん妄:「認知症」意識の混濁と錯覚、幻覚、不穏、興奮などを伴う
夜間に多く、脱水や感染が誘因となることがある

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.11.02 09:53 | 精神障害 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ精神障害精神障害の分類と精神症状












管理者にだけ表示