薬害(1)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0018_convert_20150505091732.jpg

薬害

CJD訴訟
CJD訴訟とは
・脳外科手術に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)に罹患したことに対する損害賠償訴訟のこと
・国、輸入販売業者及び製造業者を被告として東京地裁で提訴され、和解が成立した
・本訴訟の和解に関して、国は、生物由来の医薬品等によるHIVやCJDの感染被害が多発したことで、2002年に行われた薬事法改正に伴い、生物由来製品の安全対策強化、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による生物由来製品による感染等被害救済制度の創設などがなされた
クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease:CJD)
・細菌でもウイルスでもないタンパク質の一種であるプリオンが原因とされている
・プリオンが脳の組織に感染し、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な親権難病
・ヒト乾燥硬膜の原料が採取された段階でプリオンに汚染されている場合があり、プリオン不活化のための十分な科学的処理が行われないまま製品として流通し、脳外科手術で移植された患者にCLDが発生した
サリドマイド訴訟
サリドマイド訴訟とは
・催眠鎮静剤等として販売されたサリドマイド製剤を妊婦が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常(サリドマイドタイ胎芽症)が発生したことに対する損害賠償訴訟のこと

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.11.15 07:14 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品薬害(1)












管理者にだけ表示