医薬品販売許可

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0021_convert_20150423121832.jpg

医薬品販売許可

医薬品販売許可
・薬局開設者または医薬品の販売業の許可を受けた者でなければ、業として、医薬品を販売し、授与し、または販売若しくは授与の目的で貯蔵し、もしくは陳列(配置することも含む)してはならない
・医薬品の販売業の許可については、店舗販売の許可、配置販売業の許可または卸売販売業の許可の3種類に分類されている
・医薬品販売業の許可のうち、一般の生活者に対して医薬品を販売等することができるのは、店舗販売業及び配置販売業の許可を受けた者だけである
・薬局における医薬品の販売行為は、薬局の業務に付随して行われる行為であるので、医薬品の販売業の許可は必要としない
・医薬品販売業の許可は、6年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う
・薬局、店舗販売業及び卸売販売業では、特定の購入者の求めに応じて医薬品の包装を開封して分割販売することができる
・薬局、店舗販売業及び卸売販売業において、分割販売する場合には、法の規定に基づく容器等への記載事項、法の規定に基づく添付文書等への記載事項について、分割販売する薬局開設者または医薬品の販売業者の責任において、それぞれ表示または記載されなければならない
・分割販売される医薬品の記載事項には、「分割販売を行う者の氏名または名称並びに分割販売を行う薬局、店舗または営業所の名称及び所在地」も含まれている

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2020.11.25 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品医薬品販売許可












管理者にだけ表示