胃の薬(3)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0285_convert_20150104202557.jpg

胃の薬

胃の薬の成分
2.健胃成分
・味覚や嗅覚を刺激して反射的な唾液や胃酸の分泌を促すことにより、弱った胃の働きを高める
生薬成分名
苦味
・オウバク(黄柏)、オウレン(黄連)、センブリ(千振)、ゲンチアナ、リュウタン(竜胆)、ユウタン(熊胆)
香り
・ケイヒ(桂皮)、コウボク(厚朴)、ショウキョウ(生姜)、チョウジ(丁子)、チンピ(陳皮)、ソウジュツ(蒼朮)、ビャクジュツ(白朮)
生薬以外の健胃成分
1)乾燥酵母
・胃腸の働きに必要な栄養素を補給することにより、胃の働きを高めるとされる
2)カルニチン酸化物
・胃液分泌を促す、胃の運動を高める、胃壁の循環血流を増すことにより、胃の働きや食欲不振を改善するとされる
健胃成分の使用上の注意事項
・生薬成分が配合された健胃薬の散剤は、オブラートで包んで服用すると、味や香りがさえぎられてしまうため効果が期待できない
3.消化成分
・炭水化物、タンパク質、繊維質などの分解に働く酵素を補う
成分名
・ジアスターゼ、プロザイム、ニューラーゼ、リパーゼ、セルラーゼ、ビオジアスターゼ、タカヂアスターゼ
4.利胆成分
・胆汁の分泌を促して、消化を助ける
成分名
・胆汁末、ユウタン(熊胆)、動物胆、ウルソデオキシコール酸、デヒドロコール酸
利胆成分の使用上の注意事項
・利胆成分には肝臓の働きを高める作用もあるとされるが、肝臓病の診断を受けた人では、かえって症状が悪化するため、使用前に医師などに相談する

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2021.01.15 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品胃の薬(3)












管理者にだけ表示