循環器疾患

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

087_convert_20131108144710.jpg


循環器疾患について、ご紹介します。

1.高血圧症
・最高血圧(収縮期血圧)、140mmHg以上で、最低血圧(拡張期血圧)、90mmHg以上。
・高齢者は、収縮期血圧が高くなる傾向がある。
・原因のはっきりしていない高血圧を、本態性高血圧と言います。
・降圧剤として、カルシウム括抗剤が使われる。
・食生活では、ナトリウムの過剰摂取に気をつけ、カリウムを含んだ野菜をたくさん食べるようにする。

2.心疾患
不整脈
・心臓の脈拍のリズムが乱れる疾患
・心房細動(脈が多くなったり少なくなったりし、リズムが乱れる状態)
・房室ブロック(心房から心室への伝道がスムーズではない状態)
・人工ペースメーカーの適用が検討される

狭心症
・冠動脈(心臓の血管)が狭くなり、先に必要な血液を送れない状態。
・ニトログリセリンの舌下投投与が効果的。

心筋梗塞
・冠動脈が詰まって、血液が送れなくなり心筋が壊死した状態
・痛みを伴わないこともある。(無痛性心筋梗塞)

心不全
・心室の収縮力が低下して、身体に必要な血液が送り出せない状態。
・息切れ、浮腫(ふしゅ)、尿量の減少、体重の増加などが見られる。

3.閉塞性動脈硬化症
・下肢の比較的太い動脈が、慢性的に閉塞して、足が冷たく感じたり、歩行時、痛みやしびれを感じ、間欠性跛行などの症状が見られる。

4.貧血
・血液中の赤血球や血色素が減少して、血液中の酸素も欠乏するもの。
・鉄欠乏症貧血が多く、頭痛、めまい、耳鳴りなどが現れる。鉄分を補うことが大切。
・口唇や眼瞼(がんけん)結膜などの粘膜や皮膚の色から赤みがなくなる。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.11.10 10:35 | こころと体 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページこころと体循環器疾患












管理者にだけ表示