呼吸器疾患

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

037_convert_20131111001602.jpg


呼吸器疾患について、ご紹介します。

1.肺炎
肺の組織に炎症が起きる病気の総称で、ウイルスや細菌の感染、飲食物の誤嚥などが原因となる。
マイコプラズマ肺炎
・マイコプラズマという微生物によって引き起こされる。
・発熱としつこい乾いたせきが特徴。
誤嚥性肺炎
・飲食物や胃液などの逆流物が気管や気管支に入って起こる肺炎。
・特に就寝前の口腔ケアは、肺炎の予防に大切。
沈下性肺炎
・長期臥床により、血液が鬱滞(うったい)し、細菌などが繁殖しやすい条件になり、発症する。

2.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・肺に慢性炎症が起き、肺胞の破壊や気管支粘膜腺の浮腫が生じ、息切れや咳嗽(がいそう)、喀痰(かくたん)が増加する疾患。
・長期間の喫煙により、気管支の慢性的炎症や肺胞の破壊が起こり、気管支の狭窄(きょうさく)と肺の弾性収縮力が失われる。
肺気腫
・肺胞が破壊されてガス交換機能を失い、呼吸困難を起こす。
・中高年の男性に多く発症し、進行すると、息切れ、呼吸困難、チアノーゼなどの症状がみられる。
慢性気管支炎
・気管支に慢性の炎症や浮腫が生じ、気管支の分泌が過剰になる。

3.気管支喘息
気道の炎症により粘膜などが気管支の中にたまり、呼吸困難を起こす。胸部圧迫感、喘鳴(ぜいめい)などの症状がみられる。

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.11.11 07:37 | こころと体 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページこころと体呼吸器疾患












管理者にだけ表示