「次の診断を受けた人は相談すること」(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

DSC_0050_convert_20140615231447.jpg

「次の診断を受けた人は相談すること」

甲状腺疾患
主な成分・薬効群
・ポピドンヨード、ヨウ化カリウム、ヨウ素等のヨウ素系殺菌消毒成分が配合された口腔咽喉薬、うがい薬
理由
・ヨウ素の体内摂取が増える可能性があり、甲状腺疾患の治療に影響を及ぼすおそれがあるため
甲状腺機能障害 甲状腺機能亢進症
主な成分・薬効群
・鼻炎用点鼻薬
・メチルエフェドリン塩酸塩、トリメトキノール塩酸塩水和物、フェニレフリン塩酸塩、メトキシフェナミン塩酸塩等のアドレナリン作動成分
・マオウ
理由
・甲状腺機能亢進症の主症状は、交感神経系の緊張等によってもたらされており、交感神経系を興奮させる成分は、症状を悪化させるおそれがあるため
主な成分・薬効群
・ジプロフィリン
理由
・中枢神経系の興奮作用により症状の悪化を招くおそれがあるため
主な成分・薬効群
・水酸化アルミニウム、炭酸マグネシウム、炭酸カルシウム共沈生成分、沈降炭酸カルシウム、無水リン酸水素カルシウム、リン酸水素カルシウム水和物、乳酸カルシウム水和物
理由
・甲状腺ホルモンの吸収を阻害するおそれがあるため
高血圧
主な成分・薬効群
・鼻炎用点鼻薬
・メチルエフェドリン塩酸塩、トリメトキノール塩酸塩水和物、フェニレフリン塩酸塩、メトキシフェナミン塩酸塩等のアドレナリン作動成分
・マオウ
理由
・交感神経興奮作用により血圧を上昇させ、高血圧を悪化させるおそれがあるため

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2021.05.30 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品「次の診断を受けた人は相談すること」(2)












管理者にだけ表示