胃腸薬等(9)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

IMG_0797_convert_20140428081800.jpg

胃腸薬等

瀉下薬に用いられる成分
3.無機塩類
作用
・腸内容物の浸透圧を高め、糞便中の水分量を増やす。また、その便が大腸を刺激して排便を促す
成分名
・酸化マグネシウム、水酸化マグネシウム、硫酸マグネシウム
注意すること
・一部が腸で吸収されて尿中に排せつされる→腎臓病の人では、高マグネシウム血症のおそれあり
成分名
・硫酸ナトリウム
注意すること
・血液中の電解質のバランスが崩れ、心臓に負担→心臓病の人は注意
4.膨潤性瀉下成分
作用
・腸管内で水分を吸収して、腸内容物に浸透し、糞便のかさを増やし、やわらかくする
成分名
・カルメロースナトリウム、カルメロースナトリウム、プランタゴ・オバタ
注意すること
・十分な量の水で服用する
5.その他
作用
・腸内容物に水分を浸透させ、糞便をやわらかくする
成分名
・ジオクチルソジウムスルホサクシネート
注意すること
・一般用医薬品では、単独で用いられることはないが、他の瀉下成分と一緒に配合され、その働きを助ける
作用
・麦芽糖が腸内細菌によって分解されて生じたガスが便通を促す
成分名
・マルツエキス
注意すること
・麦芽糖を60パーセント異常含む
・水あめ状
・乳幼児の便秘に用いる
・発育不良時の栄養補給にも用いる
・水分不足による便秘に対する効果は期待できない

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2021.07.11 05:01 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品胃腸薬等(9)












管理者にだけ表示