歯や口中の薬(2)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

057_convert_20130622052842.jpg

歯や口中の薬

歯槽膿漏薬(外用)に用いられる成分
3.組織修復成分
・アラントイン
→炎症を起こした歯周組織の修復を促す
4.止血成分
・カルバゾクロム
→炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える
5.生薬成分
・カミツレ
→抗炎症作用、抗菌作用
歯槽膿漏(内服)に用いられる成分
1.ビタミン成分
・ビタミンC(アスコルビン酸)
→コラーゲン代謝を改善して炎症を起こした歯周組織の修復を助ける
→毛細血管を強化して炎症による腫れや出血を抑える
・ビタミンE
→歯周組織の血行を促す
2.組織修復成分
・銅クロロフィリンナトリウム
→炎症を起こした歯周組織の修復を促す
→歯周炎に伴う口臭を抑える
3.止血成分
・フィトナジオン(ビタミンK)、カルバソクロム
→炎症を起こした歯槽膿漏からの出血を抑える
口内炎
・舌や口腔粘膜に起きる炎症で、痛みや口臭を伴う
口内炎用薬に用いられる成分
1.抗炎症成分
・グリチルリチン酸二カリウム
→口腔粘膜の炎症を和らげる
・アズレンスルホン酸ナトリウム
→口腔粘膜の組織修復
・ステロイド性成分
→炎症を和らげる
→長期連用は避ける
2.殺菌消毒成分
・セチルビリジニウム塩化物、クロルヘキシジン塩酸塩
→細菌感染の防止
3.生薬成分
・シコン
→組織修復促進、抗菌

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2021.08.02 05:00 | 医薬品 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ医薬品歯や口中の薬(2)












管理者にだけ表示