入浴介護

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

001_convert_20130807001209.jpg


入浴の介護について、ご紹介します。

入浴の温度が身体に及ぼす影響
湯温     38~41度   42度以上
自律神経  副交感神経を刺激 交感真剣を刺激
心臓の動き    抑制      促進
血圧       低下      上昇
筋肉の動き    弛緩      収縮
腎臓の動き    促進      抑制
腸の動き     活発      抑制

浴室の環境
・浴槽は和洋折衷型で、底辺の長さが1メートル程度。
・浴槽の高さは、浴室の床から40センチくらいがよい。
・浴槽の深さは、50センチくらい。
・浴槽壁や浴室内に手すりを設置する。
・安全と自立を支援するため、シャワーチェアやバスボード、滑り止めマットなどの福祉用具を利用する。
・湯温は、40度くらい。
・室温は、20から24度ほど。脱衣所と浴室との温度差をなくす。

入浴の効果
1.温熱効果
微温浴や中温浴につかることで副交感神経が働いて、精神的に安らぎ、落ち着いた気分になる。
2.浮力効果
水中では、水の浮力により、腰やひざへの負担がちいさくなるが、体位が不安定になる。
3.静水圧効果
水中では、水面からの深さに対して身体に静水圧が加わるため、高血圧や呼吸器疾患などがある場合、負担のかかる半身浴がよい。
4.入浴時間
15分くらいにする。ただし、湯につかる時間は、5分以内。

入浴介助
・介護者の肌で湯の温度を確認する。
・利用者の足元から、ゆっくりとシャワーをかけ、適温かどうかを確認してから、全身にシャワーをかける。
・片麻痺がある場合、健側から浴槽に入るのがよい。


↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2013.11.30 09:34 | 生活術 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ生活術入浴介護












管理者にだけ表示