労務提供型契約(6)

高齢者や認知症の介護と障がい者や難病患者を支援する情報をご紹介します。

015_convert_20130914162322.jpg

労務提供型契約

委任契約
3.委任契約の終了
1)無理由解除
・委任は、両当事者において、いつでも解除することができ、将来に向かってのみ効力が生じる
・ただし、相手方に不利な時期に委任を解除した場合、委任者が受任者の利益(もっぱら報酬を得ることによるものを除く)をも目的とする委任を解除した場合は、やむを得ない事由があるときを除いて、損害を賠償しなければならない
2)その他の事由
・委任者又は受任者が死亡したとき、委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたとき、受任者が後見開始の審判を受けたときは、委任契約が終了する
寄託契約
・寄託とは、当事者の一方(寄託者)がある物を保管することを相手方(受寄者)に委託し、相手方がこれを承認することによって成立する契約のこと
・寄託契約は、原則として、無償、片務、諾成契約となる
・特約により、寄託者が受寄者に報酬を支払うときは、有償、双務契約となる
その他の契約
1.雇用契約
・雇用契約とは、当事者の一方(労働者)が相手方(使用者)に対して労働に服することを約し、相手方がこれにその報酬を与えることを約する契約のこと
・雇用契約は、有償、双務、諾成契約となる
2.組合契約
・組合契約とは、数人の当事者がそれぞれ出資をして共同の事業を営むことを約する契約のこと
・組合契約は、有償、双務、諾成契約となる

↓一日一回、あなたの応援クリックが更新のパワーとなります。↓

介護職員ランキング
↓この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてください。↓
↓↓コメント欄に、ご意見、ご感想を、お気軽に書き込んで下さい。↓↓
関連記事
2021.11.09 05:00 | 民法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ民法労務提供型契約(6)












管理者にだけ表示